新着Pick
124Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
地域銀行がその戦略資産である顧客との強い相互信頼に基づく長年の取引関係を活用し、手数料ビジネスに注力するのは経営戦略として理解できます。
一方、「高度金融専門性の偏在」「硬直的な事業運営モデル」という我が国金融業界の構造的問題の壁は厚く、如何に柔軟に水平分業型事業運営モデルを取り込めるかがカギだと考えています。
証券や信託など幅広い商品・サービスを取り扱えるよう個人役務事業を組み立てるのに異論ありませんが、例えば証券会社を自前で設立し、証券会社システムやバックオフィス事務など強みでもなく、競争分野でもないところまで対応しなければならないスキームを選択することが得策とは思えません。
証券会社を設立するのであれば、どうしてネット証券にしないのでしょう?
ネット証券だとコストが安いことから手数料もダントツに安いです。

地銀自体が、ネットバンキングをやっていないこともあるのでしょうか…。

いずれにしても、地銀との付き合いを警戒する企業や人が増えるでしょうね。
スルガ銀行の件もありましたし…。

預貯金だけは便利ですけど。
銀行にとって何が本業かといえば資金移動だ。決済ネットワークの維持であり、電力、ガスや通信業と同じ。
資金移動に関する手数料を安く抑えるために、預かった資金を運用し、運用益で預金に関するコストを賄っている。貸出は運用形態のひとつ。
だから貸出を捕まえて本業赤字というのもわたしには若干の違和感がある。貸出を本業とするなら証券運用も諸々の手数料も本業だし、厳密に考えれば貸出だって本業ではない。生保やノンバンクだって貸出はする。シナジーが期待できる関連業務に進出してネットワーク業務の赤字を補てんするのは鉄道業も同じだ。仮に本業赤字だといってそれが即再編に結びつけられる道理はない。どんどん拡大していってほしいし、仮に預金者保護のため制限されるなら決済ネットワーク部門は補助金を入れてでも存続させるべきだ。

超低金利で銀行経営が悪化というが、貸出部門は信用リスクがある限り収益は取れる。問題は手数料をとらずサービスを提供している預金業務だ。また、経営悪化するとリスクがある貸し出しを控えるとはいえ、足下はそれほど悪化してない。貸出先があるなら貸したいところだ。元本保証の預金を預かっているから担保も第三者保証もない裸融資が難しい。10回に1回程度預金が元本割れすることを世間が大目に見てくれるなら少しぐらい挑戦的で荒削りな計画の事業に融資できるかもしれない。「目利き力」と言われても銀行員にラーメン屋に行列ができるか、このマンガがヒットするかまではわからない。本来「目利き力」はそういうものだ。

店舗や人員の削減が続けば地域の金融サービスや雇用にもマイナスなのには違いないが、NP読者諸氏はこの1年間何回銀行窓口に行っただろうか。たぶんなくても問題ない。反面ネット決済は増えただろう。クレジットカードの決済は銀行口座を介して行われる。キャッシュレス化で銀行の役割は増えている。

「アベノミクスが地域経済に及ぼす影は、徐々に無視できない状況になってきている」と言っても、企業収益が拡大し引当金が少なくなっているのでかえって銀行経営にはプラスなのではないか。低金利の副作用はたしかに言えるが、株高で助かっているところもあるはずだ。グローバル化でデフレ傾向に歯止めがなかなかかからないが、インフレ目標の看板を下げて円高になっても困る。
店舗減らさない、従業員減らさないというのがマジョリティなのは驚く。
マクロ経済成長の停滞、低金利、過当競争により従来のバンキングのビジネスモデルは明らかに成り立たなくなってきている。規制産業だからイノベーティブなことがなかなかできないのはまだしも絶対的なコストカットくらいやらないと、ただ一人当たりの給与が下がって誰も就職しなくなるんじゃ。
利用者が手数料を払ってもいいと思えるだけのサービスであれば良いのではないですか?
ただ、証券子会社、M&Aへの助言等→インベストバンク機能を作るだけでは、メガバンクのミニチュア版であり、規模に劣る地銀に、これからもっと専門性やコストコンシャスが求められるこれらの分野にただ手を出すだけなら、自滅行為ですね。
海外では、地元密着で収益を出しているlocal Bank はありますが、みな個性的です。
広島市信用組合のように、わからん物には手を出さないとばかりに融資業務を実直に目利きと融資の速さ、回転で頑張る信金の声はよく聞きますが、地銀は…地元名士プライド脱却も課題かも!?
手数料収入の拡大のために証券会社を設立って、なんだか古い考えのまま古い体質でビジネスを立ち上げて、ジリ貧に輪をかけるような行為にしか見えないです、残念ですが。