新着Pick
26Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
本日はINFOBARについてお話しさせていただきましたが、ターゲットとしている1970年代生まれのマーケットマジョリティに向けた「リバイバル」というキーワードでアプローチするマーケティングは多々見受けられます。その中でも15年という歳月で我々が求めるプロダクトとなるのはデザインの力によるところが大きいように思われます。

子供の頃に欲しかったものというよりも大人になってから欲しくなるもの。こういったリバイバル周期が短くなっているのも最近の特徴。

ターゲットの感情を動かして購買に至るプロセスは、プレゼンテーションでも多用する手法です。多くの方々の心に響くプレゼンを作成することでビジネスは大きく展開されていくと思います。

本日は書のお話しはあまりできませんでしたが、次回は書の魅力や書とプレゼンについてもお伝えできればと思います。
本日はありがとうございました。
なるほど!INFOBARからのプレゼン手法。70年代生まれなので、とても興味深く拝聴致しました。
確かにリバイバルいいですよね。個人的には同年代の主人や世代を越えて子供達と一緒に楽しむようにしています。
先週はトトロの再放送がありましたが、視聴率も好調だったよう。親目線で観るのと子供目線で観るのと同じものでも味わいがまた違っていいものです。
この連載について
PICK ONEでは、月曜日から木曜日まで、それぞれ「テクノロジー・サイエンス」「ビジネス」「政治・経済」「キャリア」と、日替わりで4つのテーマを扱い、各分野のプロピッカーらが未来へつながる視点で読み解きます。