新着Pick
210Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
音楽でもよく言われるが「お勉強」を全くしないのも良くないが「お勉強」しすぎはもっと良くない。

美しい、楽しい、と感じるのは心が赴くままでよく、正解なんてないのでそれで良いからそれこそ簡単だし、心が何かを思ったら何故そう思うのか自然と探究心は生まれるもの。だから自然と「お勉強」することになる。そうやって自分が知りたいと思って得る知識が必要な「お勉強」であって、単に勉強してもなんの意味もないどころかむしろ感受性が阻害されます。

音楽も美術も知識は自分の価値観に基づく感性に立脚して得られたものということが前提。知識や理性は結果として付録で着いてくるものなので、自分の価値観によるジャッジメントが無くて、人の歴史的評価を借りるだけだったり「知識を得るために絵や音楽を勉強して話してるな」って透けて見えたらむしろマズい状況になるだけですよ。相手は知識じゃなくて人の価値観に興味があるんだから。

文化的背景を知りたくなる気持ちはもちろん素敵。でもそれは作品で心が動いてからの話。絵を見て真っ先にキャプションを見に行くような鑑賞、プログラム見て真っ先に曲目解説や演者のプロフィール読みに行くような鑑賞じゃなくて、まず絵を見て、音楽を聴いて、自分がその絵や音楽から何を感じ、心がどう動くかよく感じてから、もし、作品や演者の背景を知りたくなったら調べたらどうだろう?

調べたことでさらに他の美術や音楽に興味を持ったらまたそれを見たり聞いたりして、同じことを繰り返していけばいい。
だから芸術鑑賞は感性が先で、心が動いて自然と興味を持っての好奇心からのお勉強をオススメしたいなぁ。

今サンフランシスコ・オペラの開幕演目のお稽古とか見せてもらってるからますますそういう知識偏重嫌だなと思うのかも。
今回は演出稽古の初日から見せてもらってたのですが、歌手も演出も、指揮者も素敵で、今回はダンサーも大道芸人も役者の稽古もあって。一流のプロが色々試しながら、ちょっとした事の積み重ねで作品がをどんどん締まって美しくなっていく様は本当に心が震えます。
美術史や作品の背景の知識だけ詰め込んでも、相手が詳しい人ならこちらの浅学は一瞬で見抜くでしょう。取ってつけた程度の知識を語られても詳しい相手は反応に困りますし、間違いなく場が白けます。

好みを尋ねられた時に、ほんの少し歴史的背景も混ぜつつ語れるのは良い事だと思いますが、そのさり気ないチラ見せ程度の知識であっても、十分なバックグラウンドが必要です。本読んだくらいではとてもとても。とっさに言葉が出てこないと思います。
やはり常日頃から、美術に触れる習慣が必要かと。お金もかかりますし、そこは覚悟を決めて。

個人的にはもちろん打算抜きで楽しむのが好きです。

(余談)
9月からシアター・イメージフォーラムでペギー・グッゲンハイムのドキュメンタリー映画が上映されるようです。こういう美術発展の裏側的な映像を見てみるのも面白いかと思います。僕は観る予定です。
http://www.imageforum.co.jp/theatre/movies/1834/
西洋美術は特に近代以前は宗教と切り離せませんし、そこに描かれるモチーフを読み解くには教養が必要です。また現代アートも今では美術史を理解しないことには難しい作品も多く、その是非はともかくアートは多かれ少なかれ文脈に依存するものであると言えます。

一方で最近のテクノロジーアートを手掛けるチームラボとか落合陽一さんなどは、意図的にこのような文脈依存のアートと距離を取っているように思います。西洋の文化を覚え西洋人にできる奴と思われるという競技にあえて乗っからない姿勢というか。

そのどちらが良いとは一概には言えませんが欧米(特に欧州)の一部では、アート文脈に通じていることが現時点では「得」な場面があるということについては、そうなんだろうなと思います。
アートは歴史へのアンチテーゼで進んでいます(*´꒳`*)

もしアートビジネスを知りたければ、村上隆「芸術起業論」を読むのがおススメです✨

これは起業家として、村上隆さんがどのようにアートを理解しているのか、ポジション取りをどうしたのか、アート素人でもわかりやすく書いています。

この本読むと、私はエネルギーをもらって元気になるので、半年に一度は読んで、自分を鼓舞します。
井上さまの余談の情報がありがたいです。面白そう。感謝いたします!
ビジネスのくだらないノウハウが氾濫するのはまだしも、アートがビジネスノウハウとして軽く扱われるのを見るたびに悲しくなります。本書で言われるようにアートは「理性で読むもの」。かんたんに本やセミナーで扱えられるテーマではない事を力説したいです。一人のアーティストとして。
"かつて同じ国だったオランダとベルギーでは、プロテスタントとカトリックの違いが絵画に表れます"

ビジネスパーソンは、表出されているものの背景理解から名画鑑賞をはじめるととても楽しめると思います。木村さんのご著書は読みやすく面白いですよ。オススメ。
“美術作品で語るべきは、描かれた絵そのものではなく、その背景に流れる歴史”
新着記事一覧
志に共鳴し入社を決意した、新卒2年目エンジニアがかける想い
PR Table
3Picks

元引きこもりの起業家が「オタク生活」を続ける理由 #UNDER30STYLE
Forbes JAPAN
4Picks

「韓国に巣くう悪魔」文在寅大統領が失敗する4つの理由 元・韓国陸軍中将ソウル緊急独占インタビュー - 「週刊文春デジタル」編集部 - 文春オンライン
BLOGOS - 最新記事
2Picks

いじめ加害者になってしまう子の3つの共通点 - 親子関係による脳の異常が強く影響
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
9Picks

"知らなきゃ損"申請すればもらえる10のお金
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
57Picks

Q 離婚後の共同親権の導入に反対では、子どもが両親に親権者であって欲しいという権利はどうなるのですか。 - 猪野 亨
BLOGOS - 最新記事
2Picks

癇癪(かんしゃく)を起こしたクレーマーに対処する方法
ライフハッカー[日本版]
2Picks

スポーツクライミング 楢﨑智亜×BVLGARI オクト フィニッシモ クロノグラフ GMT オートマティック──若きアスリートとスポーツウォッチ
GQ JAPAN
2Picks

ラグビーもビジネスも「弱さを見せられるリーダー」が肝心。世界に勝てるチームの作り方とは?
ハフポスト日本版
5Picks

米国土安保長官代行が辞任=他の政権幹部と対立か
時事通信社
5Picks