新着Pick
433Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ちなみに今月のFACTAには、SMTHと大和証券の統合可能性という話が出ていました。
https://newspicks.com/news/3253998/

信託銀行は、昔からお金持ち・富裕層を顧客にしてきた背景があり、信託銀行の企業カルチャーは麗しく、そして誇り高いです。商業銀行や日系証券のカルチャーとはかなり異なる印象があります。

企業のケミストリーが合わない経営統合はPMIが大変です。しかし、PMIが大変だからと言って、統合後においても被買収企業(被統合企業)の自治権や人事権を実質的に残しておくのは下策です。なぜなら、統合会社に旧行意識が残り、ガバナンスが効かず、その結果、①顧客からは冷ややかな目で見られ(顧客は静かに去っていき)、そして②株式価値の向上に繋がらないからです。

3メガバンクの中にも、そんなバンクがありました
歴史的に邦銀の再編は、追い込まれてからの統合というパターンが常態化していました。不良債権問題、地域経済圏での消耗戦など背景は様々です。
地域覇権の拡張や、規模と範囲の経済を梃子とした米銀の戦略的再編とは対照的な印象があります。

本記事の中核は三井住友信託銀行で、その組み合わせの候補は、SMBC、みずほ、りそななどとなっていますが、私が知る経営陣のマインドを踏まえると、ようやく戦略的な再編の実現に向かう可能性があると思います。

信託機能の強化に向かうのか、銀信統合によるクロスセル強化に向かうのかにより相手が異なりますが、戦略性の進展が楽しみです。
みずほフィナンシャルグループと三井住友信託の「資産管理銀行」の統合、そして先日の三菱UFJ信託の「融資撤退」と、このところ事業再編・再構築のニュースが続いています。

そこで今回は、銀行再編の歴史の「実情」を改めて振り返るとともに、そこから見えてくる今後の5大銀行グループ再編のシナリオを読み解いていきます。

前回の再編ドライバーは不良債権問題でしたが、今回は異業種の参入という環境の劇的変化と人口減少でしょう。果たしてどれほどのスピード感で構想をまとめあげていくのか、見守りたいところです。
古来のメガバンクという定義ではここに入ってないが圧倒首位はゆうちょ銀行ですよね。
もはや日本国内の再編論に意味があるのか微妙ですが、世界の銀行ランキングを席巻しているのは中国です。トップ5すべて中国の銀行。

その後のJPモルガンやBNP、それと遠くない位置にゆうちょ、MUFGがいます。結構よい線じゃん、と思うかもだがそれはアセット総額ランキングだから。つまり高齢者を中心とした個人資産実に1800兆円の総元締めだから。
この日本最後の砦、財政が赤字たれ流そうがが国債が膨らもうがそれを無思考に無選択に担保しているのが個人資産であり、それあっての日本のメガバンク。そういうマクロ環境でミクロ同士がくっついてPMIがんばること自体にどういう生産性があるのか、個人的には少し疑問です。だったら業界をSlow but steadyにディスラプトしているネット/データプレイヤーたちとの連携のほうが本質なんではなかろうか、と。

例えばアリペイ・AFはもはや完全に総合金融機関です。そして彼らはほぼアジア全土に碁石を張り巡らせ終わっています。
Amazon銀行、Google銀行も時間の問題、それすらも「いらない世界」も十分に想定されます。
信託銀行の位置づけについては、メガバンク再編という見方もありますが、銀行、証券、信託銀行が一体となって経営していく、という流れもあり、こうした視点も欠かせません(例えば①②)。特に、この流れは、米国の外国銀行規制をきっかけに、3メガで強く意識されている見方です。メガは、海外部門の拡大に注力しており、米国モデルを日本やアジアなどの海外拠点にも適用していく可能性があります。

①三菱UFJ銀行 福本秀和副頭取 銀信証一体運営で営業強化 多様なニーズ対応
https://newspicks.com/news/3150076
②みずほ、米国で銀行・信託銀を統合 17年末にも
https://newspicks.com/news/2564172
ちなみに、都銀に限らず、長信銀3行含めた再編、また地銀含めた再編の図式は、下記の全銀の図が一番網羅的で分かりやすい。
https://www.zenginkyo.or.jp/article/tag-h/7454/

あと、グローバルの金融機関の総資産ランキングおよびその推移については、最近下記Bloomberg記事があった(まさかの見出しが誤訳で時価総額となっているが…)
https://newspicks.com/news/3243052

なお、りそなについて「スーパーリージョナルバンク」という言葉が出てきているが、元々は米国で出てきた言葉。米国は州ごとの銀行免許があり地銀が大量にあるが、そのなかで一部の銀行は合併含めて全国展開をするようになった(一方で海外展開はほとんどしていない)。
Wells Fargoが代表例だが、JPMChaseが買収したBankOne(Travellersを離れたジェイミー・ダイモンが当時CEOを務めていた)もスーパーリージョナルバンクだった。
入社以来、金融機関をかなりの年数を担当していたので、長信銀3行、都銀13行、信託銀7行の名前を見ると、わあ懐かしいなという感じです。
都銀と証券会社との関係性も歴史的に振り返ると結構いろいろ有りますね。
三菱銀行と関係が深かった日興証券が、三菱の統合の流れを嫌ったのか、なぜかシティバンク(当時は脚光を浴びてましたが)になびき、今は三井住友系に入っているという、まるで自分探しの旅を辿ってきた人の人生を見るような感慨があります。
外野の独り言させていただくと、SMFGとみずほFGとを統合し、三井住友信託も傘下に収めるのが一番すっきりします。その結果、三井と住友の事業会社の再編も玉突きで進むと思います(例えば住友化学と三井化学)。3年後以降の話かもしれませんが。
経緯を知らなかった私からすれば、三井住友信託がSMBCグループ外なことに驚きました…再編どうこうより、↓信託銀行の役割、提供価値から改めて確認せねば…と考える次第でした。

https://www.smth.jp/investors/about_trustbank/index.html
UFJ銀行を東京三菱と住友信託が取り合って司法の場で争われたなんてこともありました。
この連載について
銀行が臨界点に達した。3メガバンクが大規模な人員削減を打ち出し、地銀は過半数が本業で赤字に陥った。一方、アマゾンやアリババを始め、異業種の金融参入が相次ぎ、圧倒的に便利なサービスで勢力を拡大。金融業は必要だが、もう銀行は要らない──。変われない“恐竜“は滅び、適者だけが生存する劇的な世界が幕を開けた。
株式会社みずほフィナンシャルグループ(英語: Mizuho Financial Group, Inc.、略称:MHFG)は、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3.92 兆円

業績

株式会社新生銀行(しんせいぎんこう、Shinsei Bank, Limited)は、東京都中央区に本店を置く普通銀行である。 ウィキペディア
時価総額
3,704 億円

業績

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(みつびしユーエフジェイフィナンシャルグループ、英語: Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc.、略称: MUFG)は、日本の金融持株会社であり、TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
6.84 兆円

業績

株式会社三井住友フィナンシャルグループ(みついすみともフィナンシャルグループ、英語: Sumitomo Mitsui Financial Group, Inc.)は、三井住友銀行(SMBC、都市銀行)、三井住友カード(クレジットカード会社)、三井住友ファイナンス&リース、日本総合研究所、SMBC日興証券を傘下に置く金融持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
4.84 兆円

業績

株式会社あおぞら銀行(あおぞらぎんこう、英称:Aozora Bank, Ltd.)は、東京都千代田区に本拠を構える普通銀行である。 ウィキペディア
時価総額
2,974 億円

業績