新着Pick
1685Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
新興金融プレーヤーの中ではやはり楽天の強さが際立つ。あまり認知されていない楽天のFintech分野のファクトの例。

①楽天はコマース部門より金融部門の方が売上も利益もその成長率も高い
②楽天は金融部門においてほぼすべての領域のサービスをもっている
③楽天の金融部門の始まりはカードではなく証券会社。続いてカード会社
④楽天のスマートペイはSquareを撃退し国内で圧倒的な#1

①について。2014年当時、まだ今ほど楽天のFintech部門が大きくなかったときに、副社長でありFintech分野のトップである穂坂さんが「楽天は金融会社になる」とおっしゃっていたのを強く思い出します。

②③について。これは国内ではもちろんのこと、グローバルに見ても突出していて、アリババにも匹敵する(もしくは国内だけでみればそれも凌駕する)くらいの勢い。そのほとんどは、2003年の証券会社、2004年のカードの買収から。楽天カードにいたっては、あらゆる国内カード会社の中で一人勝ちの様相。ほとんどが伸びていない中(イオンカードも)、一時期YoY 40%くらいの伸びをしていた。楽天スーパーポイントの威力と楽天カードマンの勢い。

④楽天の金融部門の強さをいかした新サービスの成功事例の筆頭が楽天スマートペイ。グローバルにはtwitter創業者のジャックドーシーが代表を務めるSquareが有名ですが、この分野では楽天が圧倒的勝利。なぜかというと、早めにJCBに対応できたから。なぜかというと、JCBの要求する面倒な審査オペレーションにいちはやく対応できたから。ここが強かった。

全体として、楽天の本領域の事業は、かなりunder-valued(見くびられている)な状況。決済系を覗きメインは買収で拡大してきているので、そのポテンシャルに対してサービスの統合性やビッグデータ活用はまだまだなところがあるものの、国内では無双の存在。ついに楽天のFintech部門も別会社化されますし、コングロマリットディスカウントを脱して正当に評価されていくと思います。

決済を中心としたサービス顧客体験のディスラプターという意味ではベンチャー界でメルカリやメタップスに期待ですが、やはりこの金融領域全般でいうと圧倒的に強い楽天が、MNO事業と連携して、真の意味でイノベーティブなサービス統合をしていってくれることに期待します
日本で異業種から金融に参入している5大企業グループといえば、楽天、ドコモ、LINE、ヤフー&ソフトバンク連合、そしてauでしょう。特に最近の楽天の快進撃は目を見張るものがあります。

とはいえ彼らの金融サービスは多岐にわたるので、その全貌はつかみづらいところ。そこで今回は、「全15項目」の指標で、彼らの戦略を整理しながら比較分析していきます。

LINEが先日発表した、野村證券とのタッグ「LINE証券」については、野村證券トップ対談もぜひ併せて御覧ください。

【独占】野村證券トップが初めて語る「LINE証券」をつくる狙い
https://newspicks.com/news/3238941
デジタルビジネスという本業の中で金融を垂直統合してくるアマゾンやアリババは金融を本業とする旧来型プレイヤーには本当に脅威です。だからこそデジタルからスタートした楽天、LINE、ヤフー&ソフトバンク、ドコモ、そしてau。日本の金融ディスラプターたる5大企業グループの金融戦略には期待しています!
ヴィッセル神戸にイニエスタやポドルスキといった世界的スターが入団出来た原資の説明としても納得しました。

2018年のクレジットカードのおすすめでも、軒並み1位を獲得しているのが楽天カードです。また、空港ラウンジを使いたい人向けの場合でも、年会費が激安の楽天ゴールドカードが挙げられています。

唯一の欠点は、プラチナやブラックランクの楽天カードへのブランド=ステイタスですかね。
社会人になって最初に作ったのが楽天カード。Edy も含めて、日常的な支出はほぼ楽天(と、東急沿線住民としては捨てがたい東急カード)。
ただ、そこから保険、証券…と素直にロックインされたわけでもなく、通販も子どもが生まれてからはAmazonPrimeに流れつつあり…

何が言いたいかと言うと、記事中のYahoo・Softbank連合に限らず、イチユーザー目線に立つとバラバラ感が否めない。(各業法、制度側の制約もありそうだが…)。●がたくさん並んでればよい、という単純な話ではなさそう。
これは凄く分かりやすい詳しい記事!楽天が凄い。生保や損保も持ってたのね。知らなかった!
銀行出身の三木谷さんであり、他社よりも前から金融に本腰だった印象です。一日の長があるかなと思ってます。
楽天市場のイメージが強く色々言われる楽天ですが、楽天経済圏という視点であれば非常に強いですし、かつ包み込みもかなり早いと思います。この辺りは同社の強みだなと感じます。
注目が集まりがちな決済だけでなく、幅広く金融分野での展開がわかりやすくまとまった良記事です。各陣営に対しても評価が好意的。従来型金融機関の領域を侵食してる、という意味ではそうなのですが、全般的には単に「顧客接点がある」というだけでないサービス自体の進化はまだまだ見られないように感じます。また、多くの分野をやっていれば良いわけでなく、分野での深さが大事だし、他のサービス・データと組み合わせてどんな新しい顧客体験を産めるかが勝負。もちろんそんなことは各陣営ともわかっているでしょうし、そんな中でもまずは「面を抑える」という競争のフェーズなんでしょうね
LINEだけ非接触に対応していないんですね。大手キャリアは端末を通して、楽天はEdyがある。LINEに非接触決済が無い不利は後々響いてくると思います。楽天がビットワレットを買収したように、LINEも何か考えないと出遅れる分野が出てくるんじゃないかな。
この連載について
銀行が臨界点に達した。3メガバンクが大規模な人員削減を打ち出し、地銀は過半数が本業で赤字に陥った。一方、アマゾンやアリババを始め、異業種の金融参入が相次ぎ、圧倒的に便利なサービスで勢力を拡大。金融業は必要だが、もう銀行は要らない──。変われない“恐竜“は滅び、適者だけが生存する劇的な世界が幕を開けた。

業績

ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
11.6 兆円

業績

業績

株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話等の無線通信サービスを提供する日本の最大手移動体通信事業者である。日本電信電話株式会社(NTT)の子会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
8.32 兆円

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.64 兆円

業績