新着Pick
1327Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ドンキの柳本さんは同社の経営指針である「権限委譲」の体現者です。ドンキという上場企業の社員でありながら、ユックスという新規事業にまつわる全権を経営トップから委ねられており、柳本さんのマインドや行動力は起業家そのもの。
「レッドオーシャンの総合小売業の世界で唯一無比の存在になるにはこういう人材を活かす文化や風土が要るのだなぁ」とシミジミ感じながら対談してました。
これからも応援させていただきます。
ドンキのユックスは、「シェアリング×UX×サブスクリプション×サードプレイス×イノベーションのジレンマ×○○」だ!

「居場所」をつくるビジネス!
自宅の中で「稼働率が低いもの」をビジネスの対象に!
「家」が過剰スペックになっていることを解決!
月額1,000円のビジネスモデル!
ユニークなフリースペース事業!
そしてブランド名は「ユックス」。「ゆとり・エクスペリエンス」の略!

ドンキのユックスは、「シェアリング×UX×サブスクリプション×サードプレイス×イノベーションのジレンマ×○○」にリアル店舗の可能性を感じます。
これは面白いサービスですね! スターバックスの「サードプレイス」というコアコンセプトではないですが、家の設備を外部化し、「第2の家」を月額1,000円ぽっきりで手にいれることができる、というコンセプトのユニークさ。

単に宅配ボックスやコワーキングスペースでというすでにあるサービスのフォーマットをあてはめているのではなく、ユーザーの行動ニーズからサービスの設計を始めているのが良い。特に↓の話。

「クルマの10台に1台以上くらいは、運転席に人が座っているんですよ。で、何をしているのかというと、スマートフォンを操作していたり、パンやおにぎりを食べていたり、ご夫婦でおしゃべりをされていたりする」

空間の設計が人の思いもよらない行動を誘発するのは面白い。人間中心のデザインにおいて、環境が動物に対して意味を与える「アフォーダンス」の突然変異。原宿の手すりが待ち合わせの椅子になっていたり、大谷石の採掘場が劇場になったり、千代田区のタクシーでたばこの吸い放題が流行ったり、千葉の郊外の駐車場の車内がカフェのような空間になったり。こういうのをたくみにサービス化するのは個人的にとても好きです。
米国(特にNYなど)で賃貸住宅を選ぶときの一つの基準は、集合住宅が持っているアメニティ。どこにでもあるのは、筋トレ部屋と大きめの洗濯乾燥機ですが、アパートによっては、勉強スペース、シアタールーム、プール、サウナ、ビリヤード、ボーリング!、ボルダリング!などもあり、家の外部化を集合住宅内で内製化しています。一軒家を建てたくない、賃貸でよい、というニーズの拡大を踏まえると、マンションが持つのか、外のサービスが持つのかは別として、大きなニーズがあるかもしれない、と記事を読んで思いました。
「居場所を作るビジネス」と言う言葉が刺さりました。
さすが、山手さん。

先日、渋谷のデパートの地下食品売り場で、
なんでもないソファが人で埋まっていました。
買い物をしている訳でもなくて、座っている人が意外と多い。
渋谷という街に公園や空き地がなくなって、
人がぼーっとしていられる場所がなくなっているのだと思いました。

これから、ますますリタイアした人、子育てが終わった人
人生の空き時間を持て余す人が増えてくると思います。
買い物でもなく、レジャーでもなく、仕事でもなく。

こう言った隙間時間の居場所ビジネスはいろんな展開もできそう。

坪効率ばかり考えるリーシングの裏をいくビジネス、
ちょっと展開が面白そうです。
サブスクリプションサービスでいつも思うのは、amazonプライムにせよAppleミュージックにせよ暮らしを手軽に豊かにしてくれるコンシェルジュという役割なのかなというところです。
今はとにかく選択肢が多すぎてその中から何かを確信を持って選ぶのは難しい。
ある程度ざっくり「おススメ」でセレクトいただいたものをつまみ食いしながらより好みで必要なものにたどり着く。
つまみ食いはある程度タダで普段使いは定額、本当に欲しい特別なものは課金。
衣食住すべてがそのようになっていくように思います。
殆どの人はそれで十分満たされ、貪欲で退屈しがちな人だけが圧倒的にオリジナルなものをサブスクリプションサービスの外側に求めるようになるのでしょう。
自宅の中で「稼働率の低いもの」に注目したというのは非常に面白いですね。そういった機能の一部を外部化してシェアしていくという流れに。
大変面白かったです。山手さんの本がきっかけで生まれたビジネスってのもすごい。また、アクセンチュア出身のバリバリのビジネスエリートが中にいて手掛けていることも新鮮な驚きでした。
ドンキは中で商品を探すこと自体がエンタメで「時間消費」と言われますが、現代のビジネスは「可処分時間の奪い合い」とも言われるなかで、隙間時間・余暇時間、宅配の再配達の手間の時間など、いろいろな「時間」を取り込んでいってるのがすごいですね。
「落ち着く場所」に対するニーズを市場化する。
シェアオフィスでもコミュニティスペースでもなく、1人でいるための場所。新しい発想だけど時代を象徴しているかも。


「駐車場に停まっているクルマの10台に1台以上くらいは、運転席に人が座っているんですよ。
で、何をしているのかというと、スマートフォンを操作していたり、パンやおにぎりを食べていたり、ご夫婦でおしゃべりをされていたりするんですね。
つまり、駐車場の車内が、まるでカフェのような空間になっているわけなんです。
これはもしかすると、他に、落ち着く場所がないということなのでは、と考えたんです。」
家のなかで稼働率の低い場所に注目というのはとても面白い視点。家の賃貸・購買コストを、より効率的にできる(面積コストの改善)。

外部化をすることで、減る可能性があるのは金銭コスト、増える可能性があるのは時間コスト(移動にかかる時間や、行って埋まっていたり)。
外部化できるものが増えて色々できるようになれば、その時間コストが薄められる。つまり「これをするために移動する」のではなく、「あれとこれとそれをするために移動する」となる。

とはいえ、稼働率が低いのは、必需品でないものな領域も多いと思う。
家の中にないと一層使わなかったりとか、稼働率が低くても、それがあるゆえのゆとりといった効用もある(書斎欲しい…笑)。
そういったものをどこで行うか、常識が構築されていくのは時間が掛かる。スタバはそれに成功した事例だが、ユックスはどうなっていくだろう?
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
株式会社ドンキホーテホールディングス(英語: Don Quijote Holdings Co., Ltd.)は、主に総合ディスカウントストア等を展開する日本の持株会社。 ウィキペディア
時価総額
1.10 兆円

業績