新着Pick
4Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
思考実験だが、就職ランキングに毎年登場する人気企業に試験と面接で上位得点を取った順で採用するとした場合どうなるか。

女性の役員や管理職の割合を増やす取り組みは多くの上場企業でなされているが、それでも来年再来年から男女比が一対一になることはないだろう。試験と面接の得点順だけで採用を決め男女比が一対一あるいは女性が多くなったら困ってしまう。医師の世界も同じで、女性差別を声高に叫んでも急に体制が整わないうちに女性割合だけ強制的に増やしたら医療システムが崩壊してしまうだろう。

要するに、問題は、本来機会均等であるべき医学部入学が医師職の就業そして病院への就職と不可分であることだ。

ではどうすればよいか。まずはお金と才能があれば誰でも医学を学べること。ついで医学部以外でも誰でも能力があれば医師国家試験を受けることできる。一方、就職は別というシステムになれば解決しないだろうか。国家一種試験や司法試験のような具合だ。医師の供給を増やす一方、保険医に定員を設定するという考え方だ。