新着Pick
1087Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
編集の仕事をしてると、フォントは本当に大事だなと思います。いくらコンテンツがおもしろくてためになっても、インターフェイスであるフォントやデザインで引っかかると、コンテンツがなかなか読まれないから。

そういう意味でフォントは、優れたコンテンツのユーザー体験を提供するためには必要不可欠なものだと思うし、デジタル時代に、手書き、カリグラフィーを取り入れるのは自然なことかもしれないと思う。

モリサワさんは、年齢や環境の違いがあってもわかりやすく読み間違えることのない「すべての人のデザイン」を目指すUDフォントの開発にも力を入れてて注目してます。
モリサワさんのフォントには、日本時代には本当にお世話になりました。あとモリサワインスパイアで、弊社の若いデザイナーは自分たちで手書きのフォントを作り出していました。タイ国際航空やサントリーさんの仕事では、オリジナルフォントを作り活用したものです。

「文字は目で感じる声である」とはよく言ったものです。日本語は漢字、ひらがな、カタカナ、そして縦書き横書きがあるので、フォント以前で工夫する余地がありますが、英語圏はアルファベットしかありません。だから日本語より多彩なフォントがあります。フォントが表現の一部になると言っても過言じゃないでしょう。過日アドビがクリエーティブクラウドに新しいフォントを加えたことが、フォントオタクなアートディレクター(海外には結構います)の間で話題になっていました。興味のある方はぜひ。
https://www.itsnicethat.com/news/adobe-typekit-600-additions-graphic-design-090818
フォントひとつで大分印象が違うからなあ。デザインする際はとても大事ですね。クラウドファンディングのプロジェクトのキービジュアルも、フォントに気を使ってデザインされているものかどうかで、プロジェクト全体のデザインに気を使っているかどうかが応援を検討している方には透けて見られている気がする。
私の母は開局当時の某民放テレビ局で手描きのテロップ書きの仕事をしていたんです。なので、明朝体でもゴシック体でも、すらすらと手描きでレタリング文字が書ける人でした(笑)。

いわゆる写植機というものが出来る少し前まで、日本の看板も広告も映画のタイトルも、大抵は手描き(職人さんによるもの)だったんです。

資生堂フォントなどは有名ですが、ブランドとフォントには強い関係性があります。

ブランドというと高級品や車メーカーなどを思い出す方も多いかもしれませんが、『それらしさ(世界観)』を持って個人が強くひきつけらるもの、ユーザーにとって『特別』な価値を持つという無形の錯覚のようなもの(価値)を可視化(記号化)しているのがロゴやブランドのフォントになります。

『君の名は』もブランド力が高かった映画としてと言えると思いますがどうでしょう。フォントの力もサポートしてたと言えるのではないでしょうか。

たとえば、ハリウッド映画などのタイトルや予告編のフォントをみると「だいたいこんな映画かな?」って想像がついたりできませんか。

世界観やイメージを想起させるために、フォントのデザインは様々な場所で活用されています。

ーーーーーーーーーーーー

ということはですね、あなたの会社のフォントがふさわしくないもの、変なものを使っていると........


「・・・・・・?」って思われてしまうかもしれません。

町中に溢れるフォントとブランド力の関係にぜひ注目してみてくださいね。
プレゼン企画書、複数人数で分担作成する際は特にフォントは事前に絞り込んでからスタートします。中身がしあがった最終段階で再度フォント、色味、バランスを確認できる余裕があると気持ちいい。

分かる人には分かる世界だけど、プロ同士だとリスペクトし合える域。
>私たちは、「文字は目で感じる声である」と考えています。つまり、文書などに書かれた文字は、その意味だけでなく文字そのものからも相手に様々な印象を与え、文字の書体を変えるだけで受け手に与える印象が大きく変わるのです。<

かっこいい。
君の名は。でもモリサワフォントが使われていたのは知りませんでした。
字を見たときにフォントが判別できる絶対フォント感が欲しいです。
※雑誌MdNの絶対フォント感特集をよく読みますがそもそも経験が浅く全く身についていません。
フォントはこだわる人は徹底的に拘って、そうでない人はほとんどこだわらないイメージ。
「フォントは目で感じる声」って言うのは言い得て妙。
記事に関して気になったのは、この記事もフォントをモリサワのBIZ UDフォントにして、最後にフォント名を記載したらよかったのでは?ということ。
フォントの世界は奥が深いね
看板屋さんといえば「映画館の絵描き看板」
最近の看板屋さんは、フォントに詳しくて、見ただけで当ててしまう。有料と無料を確認して掲載するのは、この苦労をしているからかと思います。
それにしてもOfficeの基本フォント「游明朝・・・」は勘弁してほしい。ビジネス用に「ヒイラギ角ゴ Pro」に変えたけど。