新着Pick
1653Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
どんなに高い学歴を手にしようと、それが仕事で結果を出せるという担保にはなりません。4年間のうちに、「自分にしかできない」、「これなら勝負できる!」という仕事を身につけないと、結局は普通の人になっていきますね。

貴重な時間とお金をサークル活動に集中投下する大学生活を送る学生が多いこと多いこと。それが悪いといっているのではなく、サークル活動の費用対効果は薄いことを多くの学生が自覚していない。仲間との絆では飯は食えませんよ。たいがいの学生は、居場所を探してサークル活動に勤しんでいるだけですから。

もっと費用対効果の高いことに時間とお金を注いで欲しいと思います。そして群れずに1人で行動できる人になって欲しいですね。自分の信念に基づいて歩いているときに集まってくるのが、本当の仲間ではないでしょうか。
最近まで学生だった身としては、?な記事。
内定をもらうために「変化に柔軟に対応しよう」とか「インターンに行った方が良い」ということに疑問です。

学生は大学のリソースを使って普通に楽しめば良いと思うんです。特に色んな教授と仲良くなって、個別に教えてもらったり、イベント連れてってもらったり、人脈広げたりするだけでも年間100万払う価値があると思います。

変わるのは結果。企業に入るのもインターンも選択肢の一つ。
学生は社会人に言われなくてたって、環境の変化に対応しますよ。とは言っても、大学には似たような境遇な人が集まるというのは同意なので、学外に目を向けることは大事だと思います。それは社会人も一緒ですけど。
内定をもらえたかどうかごときでその学生の価値は決まらない。そもそも面接をしている企業側の人間がどんだけ人を見る目があんのか?って話だ。同じタイプが内定をもらえる確率が高いのは、まさに選考する側のレベルの低さを表している。
採用なんかAIがやりゃあいいんですよ。採用の先の方がよっぽど重要。
大学4年間で、しっかり就職のための準備をして、起業受けする人間に変わる必要があるという印象を受けます。

「反骨精神」を捨てて、大人にありなさいということでしょうか?
まあ、その方が絶対に就活には有利です。
学生に送るメッセージがあるとしたら、「企業の採用担当者は優れた人がやってるとは限らないから落とされても気にすんな」っていうことですかね。
僕は就活に苦労した方ですが元気にやってます。
このタイトルさ、内定実際いま貰えてない学生が読んだらどう思うんだろうね。

就活がうまくいかないことをきっかけに鬱になったり、色々塞ぎ込んじゃう人も多いのに、その人たちにさらなるダメージを与えるようなタイトルだなと思った。

別に内定もらえなくてもいんじゃない?人が欲しい会社はまだまだあるよ〜〜♪っていうお気楽なノリの記事の方が、思い詰めてる学生にはありがたいような。
以前どなたかがコメント欄で共有して下さったもの。メモに残してました。

『卒業式を中止した立教新座高校3年生諸君へ』
http://niiza.rikkyo.ac.jp/news/2011/03/8549/

追記
調べてみたらPickもされてましたね。
https://newspicks.com/news/353180/
お!研之輔先生のインタビューじゃないですか!!

普通の大学では学校からまったく評価されないような、でも、手間ひまのかかる教育・指導を学生に本気でぶつかって実践している先生です。先生と出会えた学生は本当に幸せだなぁと思いますね。

実際に研之輔先生の指導を受けて、卒業後に立派に活躍している社会人を何人も知っていますが、彼ら/彼女らは、ここに書かれているタイトルとは逆で「4年間に変化できた」人たちなんですよね。それも劇的に変化できた人たち。
>「働く」を専門的に考える現場として大学は最適です。<

そうなんですよね。大学院に行こうか迷い中。
フィリピンのセブ島にいますが最近大学生のインターン生がたくさん来ています。
10か国ぐらいのスタッフが働いているのでグローバルな感覚、すなわち日本の常識と違うものがあるのを知る、良い機会になっています。
しかし、学生をみていて、ここに書いてある「ストレッチの効く」人材程、大企業の内定など無視して、チャレンジすればいいのにと思います。