新着Pick

iPS角膜再生、近く申請へ 大阪大、臨床研究実施を学内審査

共同通信
iPS角膜再生、近く申請へ 人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から角膜の細胞を作製し、けがや病気で角膜を損傷した患者に移植し再生する研究を進めている大阪大の西田幸二教授(眼科学)のチームが22日にも、臨床研究の実施を学内の審査委...
15Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
臨床研究の実施を学内の審査委員会に申請。ついに前(角膜)も始まりそうです。今回のは自家移植を目的とした角膜上皮の細胞シートの方だと思います。

http://www.jst.go.jp/ips-trend/symposium/pdf/no05/poster/ks_h07.pdf

西田先生は 2016年の再生医療学会の会長を務めていらっしゃいました。
http://www2.convention.co.jp/15jsrm/