新着Pick
410Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ドン・キホーテの凄さは、どんどん業態を作り上げてること。
メガドンキは、長崎屋の買収によって、生まれた業態です。

今、ファミリーマートとともに、コンビニ業態を作ろうとしています。(先日、見てきましたが、まさに、コンビニのドンキでした)
これが成功したら、すごいことになりますね!

また、物流専門家なので、物流についても語っておきますね(^^)
ドン・キホーテは、流通チェーンなら一般的に仕入先から徴収するセンターフィー(物流センター通過時の課金。コストが下がるからという名目でもらう通行料みたいなもの)は、徴収していません。
それは、ドン・キホーテならではの考え方があり、仕入先のことを考えているからこそのポリシーです!
ドン・キホーテの強さは内部で徹底的に競争させることだよ。厳しさがまるで違う。
役員と夜会食したときに遅くなったからタクシー券渡したんだけど、終電で帰ることができました、って後日戻してきたよ。東証一部の役員だよ?しかも平取じゃないし。
昔、創業者に言われたことは、「お前ら(外資系証券マン)を雇えば物事が解決してスムーズに進むことはわかっている。でもそれじゃあビジネスはできないんだ。給与が高すぎるからな。」だった。とても人前に出せないような社員を雇ってビジネス展開していったんだよね。顧客と口論になって殴っちゃうとか(昔の話ね)。
最近、PL脳とか言って要は金出してくれ、っていうベンチャーがはやっているらしいけど、ドンキの創業者の考えはビジネスを始められる金ぐらい自分で用意できなければ所詮ダメだ、だったね。いや正しい。もちろん全く社会貢献していないわけではなく、アジアの貧困層に対して奨学金を出す財団作っているよ。

まあ、これぐらいだったら書いて良いでしょ。


【追記】
もう、15年ぐらい前かな。外国の小売企業が日本の小売店を視察するならドンキだったね。他は見ても参考にならない、って言ってたよ。
日本人のみならず、これだけ訪日外国人の心を捉えた小売企業は他に例を見ない。「泥棒市場」時代から培われた深夜営業と圧縮陳列は、ショッピングの体験に変革を与えた。弊社キットカット売上のNo.1小売企業もドンキ。ネスカフェの売上もトップ5にはいる。インバウンド需要を捉えたことで、ドンキはメイド・イン・ジャパンのブランドを外国人に宣伝販売するメディアとしての機能も果たす。国境を越えて販売を伸ばすeコマースとは対照的に、日本国内でグローバル顧客を捉える特殊なポジションを持つ巨大小売企業に成長している。目が離せない。
この勢いはすごい
「日本の小売業で売上高1兆円以上の企業は現在、イオン、セブン&アイ・ホールディングス、ファーストリテイング 、ヤマダ電機、三越伊勢丹ホールディングスの5社」
どんな成長企業でも、ある程度の規模に達したら、必ず成長の壁にぶつかります。そこからさらに成長を続けるには、業態を絶えず変化していくことが必要です。そのときドンキはどのような手を打つのでしょうか。
トリビアを付言しようがない文句なしの数字ですね。躍進の秘訣は経営者の器の大きさ。これに尽きます。
私はドンキが大好きです。2004年に、埼玉県内のドンキで放火事件が起き、3人の従業員が亡くなりました。それ以来ドンキは、以前にも増して、安全管理に最大限の努力をしています。この従業員の方々の13回忌法要の際に、社長が、こらえきれず号泣している姿を見て、ドンキが大好きになりました。
イオンフィナンシャルサービス株式会社は、イオンの子会社で、イオングループの金融事業を統括する金融持株会社(中間持株会社)である。 ウィキペディア
時価総額
4,882 億円

業績

株式会社ヤマダ電機(ヤマダでんき)は、日本の家電量販店チェーン。日本の家電販売最大手で、テックランド (Tecc.Land)、LABI(ラビ)、ヤマダモバイル(旧名称テックサイト (Tecc.site))、といった業態の店舗を展開している。なお、屋号としてのヤマダ電機にはヤマダ電機直営の店舗と子会社や提携企業が運営するものが存在する(後述)。 ウィキペディア
時価総額
5,093 億円

業績

株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカドー、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。TOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
4.20 兆円

業績

株式会社ドンキホーテホールディングス(英語: Don Quijote Holdings Co., Ltd.)は、主に総合ディスカウントストア等を展開する日本の持株会社。 ウィキペディア
時価総額
1.07 兆円

業績

株式会社三越伊勢丹ホールディングス(みつこしいせたんホールディングス)は、日本の百貨店の純粋持株会社。同社傘下として三越伊勢丹(関東地方の店舗を運営)をはじめとする各地方の百貨店運営会社などを所有している。 ウィキペディア
時価総額
4,885 億円

業績