新着Pick
1130Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
怖いですね・・・。実は、外傷なしで網膜剥離になったことがあり、原因不明だったので、非常に怖いです。子供も携帯が大好きなので、それもまたよくないと思いつつ、頼ってしまうところもあり、怖いです。
753pickも伸びてる!新沼さんがリンクを貼って下さっていますが、英語版の記事や原著を最速で拾っても拡散されないとやはり注目される記事になるには限界があると実感。日本語版になる研究成果なんて、インパクトのある研究のほんの一部なんですぜ、といいたい。。そんなかんだで英語記事にゲキアツコメントを残して、多数pickされることを目指します。

追記
原著論文でおもしろいなあと思うのは、連続的であるはずの可視光線(橙~紫)が網膜(視細胞)に与える影響は、橙(=594nm)から緑(=515nm), 青(=488nm) では、同程度にダメージが小さく、紫(ほぼ藍色)(=445nm) になって急にダメージを与え始めるということです。30分のLED光の照射で顕著に違いが現れています。上記の3桁の数字は実験中で用いた任意の波長ですが、青と紫間の波長に、生体へ影響を及ぼす特異的な現象があるのかなとも予測されます。

それとブルーライトは380-500(550)nmの領域にある青色系の可視光線と一般的に定義されますが、本研究ではブルーライトの中でも特に、濃い青色(445nm以上)あたりから失明となるようなダメージを与え始めるようになるようですので、それほど強い(濃い)ブルーライトでない限り気にしなくてもよいのかもしれませんね。
"可視光線でも最もエネルギーをもつ「ブルーライト」"

光は波です。波一つ分の長さを波長といいます。光の中でも可視光線の赤橙黄緑青藍紫は、この順番に波長が短くなります。波長が短くなるほどエネルギーを持ちます。つまり、この順番でエネルギーが強くなります。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/可視光線

ちなみに紫の光よりさらに波長が短いのが紫外線で、さらに短いのが X線です。
気になる研究。最近はPC、スマホ、タブレットなどブルーライトが生じる機器を利用する時間が、仕事だけでなくプライベートでも増えている人が多いのではないでしょうか。

どうやったら防げるのかという研究も進んで欲しいです。ブルーライトカットの眼鏡は使っていますが、効果あるのでしょうか。
タイトルでいしだあゆみ(サザンではない)を脳内再生した手前は「さよなら、おっさん。」認定でしょうか。
閑話休題。件のSci Rep論文のアブスト読みましたけども、まあ「コーラが骨を溶かす」レベルの曲解記事ですね。