新着Pick
464Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
こうのとりの打ち上げ成功したようですね!
まずは一安心。
人気 Picker
追記:ついに、今朝(23日未明)、こうのとりが飛び立ちました!

9月に打ち上げ予定の宇宙ステーション補給機「こうのとり」で、GSユアサの電池が、再び、宇宙ステーションに運ばれます!
打ち上げのニュースが増えてくると思いますが、電池にも思いをはせてみたはいかがでしょうか。
国際宇宙ステーションや深海のような極限世界になぜ人が行けるのか?そんな場所で、命綱になっているのが電池です。クルマのような身近な存在でも、災害時に備えたビル、病院、工場などでも電池は必須の存在です。
100年間、電池技術を磨いてきたGSユアサの成り立ちを追うと、日本の蓄電池・電池がどのように時代のニーズにこたえて進化してきたかがわかります。
ただし、GSユアサがサポートしている三菱自動車はそんなに世界で普及していない。
着目のタイミングは素晴らしい、選択した企業も立派。
しかし、なぜか成果はあまり出さなかったのだろうか。
電池はエネルギーの塊。だから有用だし、一方でそれが制御できなくなった瞬間にはそのエネルギーが放出され火災などにつながる。
記事にある限界的な環境での使用を可能にしていること、ただただスゴイ!!
電力の意味で宇宙よりもっと極限状態の場所、それは月面や火星表面です。月面なら2週間の夜と2週間の昼に、火星表面なら数カ月のダストストームに耐えなければなりません。電池界のひと、すんごい電池作ってください!
宇宙や深海など、エネルギーも資材も調達できない極限環境で人類が活動できているのはバッテリーのお陰ですね。
至る所に使われているので普段は意識しませんが、こういう記事を読むと改めて大切さを感じます。感謝感謝。
めっちゃ勉強になりました。
宇宙も深海も、命を支えているのはユアサとは。必読。
リチウムイオン電池は、日本人が開発に成功し、日本企業が最初に商品化したものです。なのに、その技術を剽窃されるかのような形で中国にシェアを奪われていることに悔しい思いをしていましたが、この記事を読んで少しは溜飲が下がりました。日本は技術立国。その原点を忘れてはならないと改めて思います。そして、技術で勝ってビジネスで負けると愚を繰り返してはならないとも思います。
ワクワクするインフォグラフィック!
尖ったニッチ領域でも、十分すぎる収益を得続けてほしいものです。

同社にはその確信があるのだろうか。その領域も徐々にコモディティ製品に侵食されて行くのだろうか?

是非その展望を見せてほしい。

期待を込めて!
この連載について

業績

株式会社島津製作所(しまづせいさくしょ、英語: Shimadzu Corporation)は、京都府京都市中京区に本社を置く、精密機器、計測器、医療機器、航空機器の製造をおこなう企業である。 ウィキペディア
時価総額
7,615 億円

業績