新着Pick
184Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この血液検査でアルツハイマー病を実際どのぐらい正確に診断できるかというデータが私の知る限りではまだしっかりと取れていないと思います。パーフェクトな検査というのは存在せず、偽陰性や偽陽性と呼びますが、検査が陰性となっても実際には病気があったり、その逆も存在してしまうので、その確率をまず評価する必要があります。その上で、診断への正確性が十分担保されれば、近い将来、臨床的な有用性が高まる可能性はあります。

加えて、この検査を発病を「推定」することに利用するとなると、もう一つ問題が生じます。アルツハイマー病を早期発見できても、現状では予防介入や根本的な治療介入ができないので、そこに倫理的な問題が生じるのです。

まずは研究の世界で現実的な利用価値が出るものと思います。
山田Pro, 椎名解説員、佐々木解説員、上松さん、渡辺さん、Saitouさんのコメントが既にわかりやすいと思います。
私はビジネス的な観点から、私見を加えさせて頂きます。

【技術】
画像ではない、質量分析を使用した0.6 ml の血漿成分から検出

【背景】
① アルツハイマー病は認知症のなかでも5割以上であり、世界的に莫大な市場でどこの製薬企業、バイオテク企業も激しい競争中。
②「アミロイドβの蓄積を防ぐ」「タウの蓄積を防ぐ」「海馬の萎縮を防ぐ」などアプローチ的にも学術的にも色々な論争がありますが、逆にだからこそ、それも含めてアミロイドβの蓄積はモニタリングしたいニーズが無茶苦茶存在する。
③ 今までポシャった臨床開発は、評価系が未熟であり、病気が進行してからの患者さんを対象にしたりしていたため、数十年前から蓄積が始まるというアミロイドβの検出を早期に発見、薬効と相関が証明できれば、良い結果が出るかもしれない。(or 臨床試験で結果が出るスタディが組めるかもしれない)
④ 質量分析なので、抗体薬を作る場合アミロイドβの分子種の違いまで簡便に解析できるのは強い。

以上、かなりのニーズが見込まれると思いますし、島津は製薬メーカーではないですから自身の技術力を最大限に活かし、大きな需要に対して受託製品を用意していただいた事になります。1月末の論文発表から、なるべく早くサービス化にこぎつけたのにも納得ができます。元論文のNatureの引用数も上がるでしょうし、研究者側からすると科学的に評価として導入しやすく、今後この技術を使ってアミロイドβ論争に関してもわかってくることが増えると思います。「アミロイドβは質量分析で」島津にはスタンダードを築いて頂きたい。

あと、これは受託サービスなので、診断などに使うわけではなく、この段階では「研究用の受託解析サービス」です。
大丈夫だと思いますが、専門外の方のために。

> Shimizu Kosuke
例の構想で、アカデミアはフリーアクセスお願いします(笑)
いまだ本当の意味での治療薬がないアルツハイマー型認知症ですが、あのノーベル賞を受賞された田中先生のチームの解析であれば手を挙げようという方も現れるかもしれません。

高価な PETを受けるよりは…というのはそのとおりですが、最初のうちは両方やって、その相関を見てみたいというのが研究者の本音ではないかと。

アミロイドβだけでなく、他の原因物質と考えられる タウ にも検査対象を広げる必要性も。先日のエーザイのアミロイドβに対する新薬も認知症に対する効果は議論の余地のあるもののようだったし。
まずは画像や症状との相関を調べるのでしょう。もし目安の数値ができれば血液は簡便な検査の一つですので広く使えそうです。効果のある早めの介入(新薬など)も確立されれば、将来の重すぎる介護の問題の大きな一助となることに加え、(アルツハイマー型のみとはいえ)認知症という世界的な課題の解決策になりますね。
「微量の血液」はこれからのキーワードですねぇ 血液にある生体のリアルタイム情報は(当然の事ですが)膨大ですから とすると、その微量血液(又はそれに含まれる全ての情報)を「パチっ」なく取る技術はイケるかもですねぇ
2月の当初報道時のPickが①、年内に受託開始というのが②。
本記事には書かれていないが、島津の2月のリリース(③)にある「低コスト」という言葉がキーだと思っている。検査はコストが安ければ受けやすくなる。受けやすくなれば、データもたまり、精度もあがる。
https://newspicks.com/news/2790757
https://newspicks.com/news/2961220
https://www.shimadzu.co.jp/news/press/n00kbc000000f09d.html
2月に発表された技術(下記参照)を用いて、製薬会社などを対象に血液からアルツハイマー型認知症の原因物質を検出するサービスが始まりました。画像検査だと1回あたり10万円以上かかる場合が多いらしく、手軽に解析できそうなこの技術の将来性に大きな期待がかかります。
https://newspicks.com/news/2790757
世の中ではアミロイドがアルツハイマーの原因かどうか議論が別れているようですが、安価にアミロイドの蓄積状況をフォローできることはそれ自体で大変意味があるように感じます。専門の方の意見をいただきたいと思います。
https://www.shimadzu.co.jp/news/press/n00kbc000000gv9g.html
心臓にアミロイドがたまる病気も早めにわかりますかね??(心アミロイドーシス。意外と多いのと、最近は診断や治療の発展から注目されている病気の1つです)

ちょっと期待。
質量分析技術を活用する最新の分析手法を使う、という受託解析。世界中でアルツハイマー病に対する治療薬の開発のニュースも多い中で治療アプローチがどこまで進化するか。とはいえ治療アプローチだけではなく、認知症になっても大丈夫だと暮らし続ける地域へのアプローチも並行していくことも忘れてはいけないなと。
株式会社島津製作所(しまづせいさくしょ、英語: Shimadzu Corporation)は、京都府京都市中京区に本社を置く、精密機器、計測器、医療機器、航空機器を製造する企業である。 ウィキペディア
時価総額
8,163 億円

業績