新着Pick
67Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
働く世代の誰もが資産運用をするべき理由について、サッシャさん、寺岡さんとお話ししました。

取り上げた記事は、高橋忠寛さんの「増やすより大切なのは「守る」ー誰もが資産運用をするべき理由」(Newsweek、2018年7月9日)です。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/carrier/2018/07/post-10511.php

この記事のメッセージは、
(1)「老後の資金は自分で築きなさい」というメッセージを、国はすでに発している
(2)インフレや円安などのリスクに備えるため、守りの資産運用からスタートするべき
(3)守りの資産運用として最適なのは、「長期・積立・分散」
というもので、まさにその通りだと思います。

番組では、サッシャさんから、「インフレは来なかったらどうするの?」という質問も頂きました。これは、地震に備えるのと同様に、リスク管理の視点から考える必要があります。

地震に備える際には、地震が起きるか確率がどの程度かではなく、地震が起きたらどうするべきかを考えて、予め準備しておく必要があります。「せっかく準備をしたのに、地震が来なかった」と言って、残念がる必要はありません。

インフレや円安も同じです。インフレや円安になる確率がどの程度あるかが問題なのではなく、もしもインフレや円安になった場合にどうなるのかを考え、「長期・積立・分散」という守り資産運用で、予め備えておくことが大切です。

サッシャさん、寺岡さん、素晴らしいナビゲート有難うございました!
この連載について
PICK ONEでは、月曜日から木曜日まで、それぞれ「テクノロジー・サイエンス」「ビジネス」「政治・経済」「キャリア」と、日替わりで4つのテーマを扱い、各分野のプロピッカーらが未来へつながる視点で読み解きます。