【働き方】旅するように働く、ワーク・アズ・トラベリング時代

2018/8/13
朝からシーカヤック、その後仕事
「明日の朝は、ベタ凪(なぎ)だ! 朝はお客さんが入ってないから、一緒にシーカヤックに行く人、いますか?」
8月某日。サイバー大学専任教授の勝眞一郎氏のフェイスブックグループに、そんなメッセージが飛び込んだ。
速攻で、スケジュールを確認。明日は、午後から学生の採点をやればなんとかなる。
「行きます!」
翌朝、奄美市の自宅から車で5分のシーポイントに到着。メッセージを送ってくれたシーカヤック・インストラクターと合流し、2時間ほどシーカヤックを楽しんだ。