新着Pick
857Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨年末の「私の始末書」以来、再び井川さんに取材しました。
https://newspicks.com/news/2667534

IR法の議論を行うなら、カジノにハマったことのない人があれこれ策を練るより、「経験者」に聞くに勝ることはない。そんなことを改めて感じました。
今から4年ほど前、井川さんのカジノでの経験を綴った「熔ける」を読んだ時は衝撃を受けました。お金に困らない大企業の社長ながら、カジノで106億円も使い込んだのは一体どんな人なんだろうと強い興味を抱いたのを覚えています。

それから4年、初めて井川さんに会った印象は、とにかく話がロジカルで聡明。実際、経営者としては、リーマンショック期を除いて順調に会社を成長させています。さらに、カジノと宗教、日本人のお金観を結びつけて語るなど、教養の深さも感じました。

国会では、賛成派、反対派ともに「結論ありき」でカジノの議論がなされていますが、依存症の危険性などは、実際に体験した人こそ最も認識しているはずです。NewsPicksでは今日から2日間、賛成でも反対でもない井川さんに「カジノのリアル」を語ってもらいます。
本論からは少し離れますが、経営者としての井川氏の評価は、製紙業界のどの関係者にお話を聞いても、今でも高いものがあります。結果として再編がなかなか進まなかった業界環境の中で、もし井川氏がその後も大王製紙のトップでい続けていたとしたら…。たらればの話をしても仕方ないですが、少なくとも王子HD、日本製紙の二強体制ではなくなっていたかもしれません
全般的に現場感に溢れた内容ですが、最後の「会ったこともない他人が金をすったり、ギャンブル依存症になることを、家族であるかのように心配する。それって自己責任でしょう」という指摘は特にその通りだと思いました。
他人を心配するというよりも、他人の立ち居振る舞いを自分の思う通りにならないと気が済まない、パターナリズムにほとほと嫌気がさします。「よそはよそ、うちはうち」と子どもの時分、みんな親から教わらなかったんでしょうか?ほっとけよ。

なお、物見遊山でラスベガスやマカオ、シンガポールのカジノで遊んだことはありますが、ギャンブル自体はあまり好きではありません。というよりも、ハマらぬよう、好きにならないように、詳しくならないように心がけています。
競馬はもちろん好きですが、賭けるのは微々たる額です。
素晴らしく読み応えのある内容でした。
ボクはギャンブルが全くダメで、たまに行くラスベガスのカジノでも上限金額をきめてゲームセンターのように遊ぶやり方しかしないので、この方のいうような心理状況は本質的な部分で理解できないのですが、一度そちら側に転んでしまうと抜け出すのは相当難しいんでしょうね。

40年ほど前に、この方と個人的に親しくしていた知人がいるのですが、その当時からすさまじいお金持ちで、かつとても頭脳明晰&人柄最高の方だったそうです。
何一つ悪い印象のない方だそうで、ギャンブルにあそこまではまってしまったことをとても残念がっていました。
そんなことを念頭に置きつつ文章を読んでいると、なんとなく解脱されたんだろうな、という印象を受けました。
非常に頭の良い方という印象です。これだけ頭が良くて合理的に考えられる頭脳をもってしても依存症にはなるわけです。

記事内でもハッとさせられる部分が何箇所もありました。確かに今のまま議論をしていたとしても、パチンコをあくまでも遊戯と言い続けなければいけないような日本ではカジノはうまく機能しないんでしょうね。

続きが楽しみです。
カジノに関しては極めて真っ当な意見
カジノ法案に、これほどまでの卓見は他にない気がします。
一読をお勧めします。
井川氏の指摘通り、投資とギャンブルを分かつのは時間的な要素だろう。しかし両者に共通する要素も多い。心理的な忍耐などはいずれにも必要になってくるだろうし、社会勉強としてある程度ギャンブルを経験しておくのは悪くないかもしれない。
「ギャンブルも株も、時間に支配されたら負けなんですね」
時間は金とも言えるので余裕がある方が勝負は優位に働く。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。