新着Pick
11Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「雨宮副総裁は、フォワードガイダンスに示した「当分の間」の解釈を問われ、「不確実性を踏まえて経済・物価情勢を判断して決定するということであり、あらかじめこのくらいの期間とは決めていない」と語った」

フォーワードガイダンスというのはそういうもので、期間ではなく目標変数についてコミットするもので、もはや目新しいものではありません。

「「向こうしばらくを展望すると、消費税率の引き上げの影響は非常に大きな判断の要素」との認識を示し、「その点をよく見極めていくことになる」と指摘。消費税率引き上げの影響がポイントになるとの見解を示した」

消費税増税が幾分かの負の効果があるとの認識なら、その実施一年前くらいから誘導金利水準を引き下げるべきです。