新着Pick
406Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
おお、オフィスおかんが伸びている!

それにしても記事を読んでいると笑ってしまう。
会社名が株式会社おかんだから、

「おかんは8月2日、複数の投資家より総額7億円の資金調達」

「今回おかんに出資をしたのはグローバル・ブレインと楽天(楽天ベンチャーズ)、それから既存株主でもあるYJ キャピタル、みずほキャピタル、SMBCベンチャーキャピタルだ。」

「おかんは2014年にサイバーエージェント・ベンチャーズとオイシックスから、2015年にもYJ キャピタルなど4社から資金調達を実施。今回も含めると累計の調達額は約10.5億円になるという。」

関西の主婦が、めっちゃお金を集めていると読めてしまう。
この業態、まだまだ伸びると思う。
オフィスに補充・回収にくるサービスラインの充実と、ラストワンマイルの人員・頻度を増やすことによる利便性の向上、及びスペース削減(補充頻度に比例してストックサイズが変わる)。
そういう意味では、ECの宅配便ではないが、サービス関係なく、補充・回収インフラやオフィスでの面積という「チャネル」獲得をできたサービスが一番強いのかもしれない。サービスを統合して利便性を上げていくという点では、買収・統合とかも今後ありうるのではないかと思う。
同モデルを真似する企業も増えましたが、ほとんどが撤退。LTV〉CPOにするにはかなりの努力が必要ですし、同時に粗利率を稼ぐ為には製造での工夫も。一見簡単そうながら難しいこのモデルでしっかり伸ばされているのは素晴らしいです。
これは伸びそう
「自宅おかん」が欲しい。
「2015年11月の約200社から3年弱で累計1200社まで増えている」3年で6倍の成長。内容的にも需要は大きいと思う。オフィスにあればつい頼ってしまいそう。
もっともっと伸びるサービスだと思います。早く社内にも導入してほしいなー!と総務にはリクエストしてあります。 #okan
新潟には300円で弁当を職場まで持ってきてくれる事業者があります。
首都圏でも工業地域を中心に、○○給食センターというような屋号で行われています。

単に「職場にランチを配達してくれる」という視点だけでみますと、オフィスおかんは、別に新しいビジネスをやっている訳ではありません。

オフィスおかんのすごさは、
①都市部のオフィスへの供給
②味と栄養バランスの良さ
③女性に受け入れられやすさ
を実現したことにあると考えております。

これからも、都市部では忘れ去られた、古くて新しいビジネスが、出てくるかも知れませんね。
これは知りませんでした。いや、これは大きな市場はあるでしょう。それにしても会社名、サービス名ともに尖ってますね。
需要が高すぎて終了したDMM Okanといい、今後は〝おかん″市場が伸びそうですね。