新着Pick
491Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ヨドバシカメラ代表は、御年83歳の藤沢昭和社長。とにかくお元気である。
ヨドバシが大成功をしているのは、ドットコムだけではない。不動産業も半端ない。びっくりするようなプライムロケーションにヨドバシ物件があるのだ。不動産事業でがっつり得た収益はヨドバシカメラを通じてお客さんに還元している。これは他では真似できないよ。(-_-;)
前にも書いたけど、ヨドバシの当日配送はかなりイケてるので、Amazonは買収を検討すればいいと思ってる。

店舗も活用できそうだし。売上7000億円弱、経常利益約600億円、利益はだいぶ下回る同業ビックカメラのPERが20倍程度(時価総額は3000億円)、ヨドバシのほうがいけてそうなことを思うと最低でも2兆円くらいはかかるか。けっこうな規模の買収にはなるけれど、日本市場で盤石なポジション獲りに行くには悪くない気がする。まぁもちろんすでに検討しているだろうけど。
藤沢副社長のインタビューで、ここまで突っ込んでいるのは珍しいですね!
「EC売り上げの9割以上を即納在庫としてカバー」は、まさしく重要ですね。

また、これまで角井のコメントなどで、言及していますが、
宅配便は、
これまで「C2Cのため」の物流ネットワークでした。
が、今は、「BigB2Cのため」の配達ネットワークを組まないといけません。

「すごい物流戦略」でも事例として書き出したDHLでは、BigB2Cのネットワークを作り、EC通販と3PLをどんどん取り込んでいます。

このことも、藤沢副社長が軽く触れられています。

「物流制するものが市場を制す」です!
今後の展開が楽しみですね。

「アマゾン、ニトリ、ZARA…… すごい物流戦略」 (PHPビジネス新書)
 ヨドバシで買う> http://bit.ly/logi-4c-yodobashi
 アマゾンで買う> https://amzn.to/2IDEY4t
 楽天で買う> http://j.mp/logi-4c-rakuten
配達自前主義であることからコストが抑えられているのですね〜。

配達は速いし親切、いつも使っています。

店舗にもよく行きます。
商品知識の豊富な店員さんがヨドバシの強みの一つですね!
ヨドバシ・ドット・コムは気づいたら相当便利になっていたという印象です。Amazonと競争できるのは楽天ではなくヨドバシなのではないかとさえ感じるくらい都内にいれば便利です。
即納在庫が70万〜80万にまで増えていたんですね。更に今後は食品カバー率をあげるとの事なので、元々の食品業種は大きな脅威ですね。その上で店舗よりオンラインの方が利益率高いとの事なので、物流システム作りを行った人が本当に素晴らしいですね。
同じ商品で、アマゾンと比較することが多いのですが、結果的に両方のサイトにあれば、たいていはヨドバシで買っています。
日本発の企業であるということや、配送サービスが行き届いている点でしょうか。
新たなカタチのプラットフォーマーになりそうな予感がします。高い専門性&ホスピタリティと、高レベルでの利便性の両方を持っている業態が実現できている企業って、グローバルでも数少ないのではないでしょうか。
ここからの戦略や取り組みが、1番おもしろそうでワクワクします。
スマホ(Android)アプリの評価が 2.9 (Amazonは 4.3) とかなり悪いですね。なぜ日本のアプリの評価が低い傾向が見られるのか、こういうところも特集してほしい

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.yodobashi.iShop
本文より引用
“配送で問題になるのが再配達です。梱包も自社でやっています。できるだけ小さく梱包し、ポストに投函できる割合を増やすことで、再配達を減らしています。これはわれわれだけでなく、お客さまにとってもいいことですから徹底します”

Amazonに買収されたら梱包が変わるとかあるのかな。ヨドバシがAmazonに買収されるとしたら、Prime NowやAmazon Freshの配送強化でしょうか。実店舗の扱いがどうなるのだろう。ホールフーズ的な活用はありそう。