新着Pick
832Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ワークライフバランスと聞くと、私の脳内では「右手にワーク、左手にライフを持って、シーソーのように揺れて苦しむ自分」がイメージとして現れます。
人生の中のパーツとしてワークがある。

ワークライフバランスは、ワークとライフを別々に考えてトレードオフしていくスタイルだと思いますが、これからの働き方の本質は、どちらも自分の大切な一部でありトレードオフではない。

→共感しました。
休日に1時間だけ働くという働き方は賛否両論あるでしょうね。
働き方もここまで複雑になっていくともはや雇用契約である必要性ってなんだろうとも思います。安定収入のあるフリーランスくらいでいいのではなかろうか。
ただテクノロジーで働き方を改革するというのは大賛成なので、どんどんやっちゃってください。
よく練られた構成展開で、多層的に話が進むのが面白かった。
一番印象的だったのは、マーケティングの究極的な狙いの話。短期ROIは勿論のこと、中長期的な業界目線と、ターゲットの心と繋がる視点。

社内向けのコーポレートコミュニケーションも同じだと思う。だから、モバイルなどのデバイスの再考と、ゲーミフィケーションなどのアプローチの変化が必要だと思う。求める人材も、HR出身者のみならず、マーケティング経験者も重宝されるようになるはず。

---
ワークライフバランスは、ワークとライフを別々に考えてトレードオフしていくスタイルだと思いますが、これからの働き方の本質は、どちらも自分の大切な一部でありトレードオフではない「One Life」だとHPは提唱しています。生活の中に仕事を溶け込ませて、ビジネスもプライベートも充実させる。そしてそれは、テクノロジーの進化によって実現できるようになりました。
---
社会に貢献してこそのマーケティング。企業活動の土台も同じ。マーケティングの領域を超えて社会創造、未来に貢献することができると思うから、常にキャンペーン構築においては短期的な視点だけではなく、ROIを長期的に見る視点も必ず入れています。
---
デジタルで多くの人にリーチできるようになり、それが可視化できるようになっても、AIを使ってより高度な分析ができるようになっても、やっぱり人の心を想像することがマーケティングにとって最も重要なんです。どうやったら人の心を把握し、そして変化させられるのか、を創造できる人がこれからのマーケターだと思っています。
この連載について
テクノロジーの世界最新トレンドは、どのようにビジネスや働き方、社会を変えていくのか?日本HPは、テクノロジーを軸にこれからのビジネスのトレンドとなる情報をお伝えしていきます。
新着記事一覧
騒動から約半年経っての会見「文春のインタビューで収束するのではないか」「昨今の報道で一日も早くと」 アンジャッシュ・渡部建 - ABEMA TIMES
BLOGOS - 最新記事
2Picks

劉慈欣『三体』からケン・リュウのアンソロジーまで:いま必読の中国SF作品 6選
WIRED.jp
5Picks

【高校受験】アオイゼミ、公立高校入試過去問オンライン解説特別授業12月
リセマム
2Picks

“貧乏”なのに“高級品”のiPhoneを日本人が求めるワケ…携帯会社の歪な販売戦略を暴く
文春オンライン
5Picks

[再配信]【ドンキHD元社長逮捕】大原孝治氏が語っていた「伝え方」のコツ - 2016年のインタビューで話したこと
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
3Picks

部活の顧問はホテルの前で「断るんか」、口止めの“わいせつ写真”…スクールセクハラ被害の悲痛な叫び スクールセクハラ「犠牲者」たちの告発 #1 - 秋山 千佳 - 文春オンライン
BLOGOS - 最新記事
2Picks

賛否両論でもターゲットを逃さない、ナイキのマーケティングとは
NewSphere
4Picks

人間はチンパンジーよりもアリに似ている。 巨大な群れ(社会)をつくる生き物は自然界に社会性昆虫とヒトしかいない 【橘玲の日々刻々】 - 橘玲の日々刻々
Diamond Online
2Picks

対中制裁関税、すぐ撤廃せず=バイデン氏が見解―米紙インタビュー
時事通信社
3Picks

日本私立大学協会、共通テストの出題教科・科目について意見書
リセマム
2Picks