新着Pick
236Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最終消費財を思いっきりディスカウントして販売・集客し、医薬品で利益を確保する構図のドラッグストアへのカウンター施策のように見受けられます。
利益率が高い分、サービス的な付加価値を乗っけても収益を残せる公算が大きいんでしょうね。利幅をどうやって消費者に還元するか。施策としては本質的だし、うまくワークしてほしいところ。
興味深い取り組みですね。
最も身近な医療従事者である薬剤師や、栄養士の方と気軽に会話が出来ることはとても価値があると思います。
都内にもう少し点在して展開して欲しいです。
ドラッグストアのコンビニ要素付加に対抗し、コンビニのドラッグストア強化。ただ品揃えするだけだと価格力はドラッグストアが有利な中、どこまで立地の強みを活かせるか気になります。
コンビニから見れば薬剤師と化粧品と医薬品を、薬局側から見ると自前では追いつけないコンビニのファーストフードを手にすることになり悪くないコンビだと思います。特にローソンは「マチの健康ステーション」と長らく宣言していますので自然な成り行きかと。
コンビニが地域のコミュニティ拠点にどんどんなっていきますね。正しい方向の進化と思います。
介護は情報弱者が適切なサービスを受けられず、悲惨なことになってしまう分野です。とても興味深い試みですね。生活が乱れていそうな高齢者に積極的に声をかけて助けて欲しいです。
コンビニや地場のスーパーがもつ「身近さ」。まだまだ様々な分野に発展する可能性があることを感じさせる記事。シニアを中心とした地域の方々のニーズや課題に応えられるサービスはまだまだ増えていきそうです。
56,000箇所のコンビニは、単なる商業施設から、地域コミュニティの拠点へと昇華する可能性を大いに持つ。外国人スタッフだけでは対応できないが、可能性を模索していくことに期待したい。
ローソンのさらなる進化系が・・(ナチュロ以外)