新着Pick
197Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
連載第5弾、「産業競争力とデザインを考える研究会」を主宰された特許庁・宗像長官と対談させて頂きました。

宗像氏「革新的な技術を生み出しても、それが人々に受け入れられなければ、イノベーション、つまり社会における変革は起きません」

「戦後の成功体験が続く中で、作り手のこだわりや思いを伝えてブランド価値を高め、利用者を深く洞察して開発戦略を立てるといったデザインが、ビジネスに必要不可欠な専門スキルだという認識が弱かったのではないか」


研究会は、行政トップが「自分ごと」として真剣勝負で取り組んでくれたことで、デザインの役割と課題を本音で議論できる場になりました。コアチームメンバーとして報告書のドラフト起草にも参加しましたが、明快なメッセージにまとめられたと思います。こちらも是非ご覧ください↓
http://www.meti.go.jp/press/2018/05/20180523002/20180523002-1.pdf
デザイン経営を普及させる動きが法改正まで繋がっているのが興味深い。
意匠法が変わると、ブランディング業界にも大きな影響がありそうなので注目しておきたい!

デザインと経営を繋げるためには、
①法律や制度を変える
②教育から変える
③企業の制度・文化を変える

この3つが必要だと考えており、全て動き出している印象です。
自分もこの変化を創る一人でありたい。
特許庁は中央省庁の中でも働きがいのある、働きやすい組織として知られていますね。