新着Pick
456Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
現在の米国の新築住宅マーケットで、注文住宅がほとんどない理由に興味があります。
一方で、中古住宅が89%を占めているため、米国では「リノベーションで中古住宅の価値を高めて高く売る」ことへのオーナーの関心が高く、リノベーション関連の市場が大きいようです。
米国市場で成功にするには、「30年後、100年後にも価値が維持できる=高く売れる」と買い主に思わせられることが重要な感じがします。
HOMMAがその期待に応えることができるのか、それとも資産価値とは別の体験価値で買い主の心をつかむことができるのか、注目したいと思います。
シリコンバレーの兄貴分であり、親しくお付き合いいただいている本間さん。知る人ぞ知る、ネット黎明期の学生起業家でもあります。洋の東西を問わず、起業家という人種は良くも悪くもかなりクセのある人が多いですが、本間さんほど真っ当で人格者な起業家もなかなかいないと思います(注・なかば身内なので割り引いてください笑)

HOMMA設立前からその構想を伺い、随分と遠大なビジョンを描くな〜と思っていましたが、実際、アメリカの住宅はびっくりするほど建設が遅いですし、作りも悪いしでペインだらけです。
そんな問題を解決すべく、リスクを取って土地を購入し(新道も作ったので道の名前がHOMMA Street)、試行錯誤を重ねながら日本の住宅関連大企業を束ねて全米で展開しようとなさっているわけですが、こんなスケールで勝負を仕掛ける日本人起業家、なかなかいないんじゃないでしょうか。
学生起業家やミレニアル起業家とはひと味違う、おっさんスタートアップとしての飛躍を期待し、応援しています。
いやあ、イエルネットの時が懐かしいなあ。ネットバブル崩壊で目論見書までできてたのに上場出来なかった。あれ上場してたらどーなってたんだろう。
自分自身、海外に行くと、記事で本間さんがおっしゃられている日本の家の効率性や建具の品質の高さを感じる。
ただ、日本の住宅メーカーは、結構米国含む海外に進出している(米国含む)。下記のページの中ほどにある表が分かりやすいが、米国にはダイワハウス、積水ハウス(HOMMAのパートナーの一社でもある)、住友林業、一条工務店が分譲領域で進出。
そのなかで、既に進出している各社がどこまで日本式で設計・施行・分譲をやっているのかまでは調べていないが、既存の大手住宅企業ができていないことをどうやっていくのか(本文を読む限り、AI/IoTといった元々も考えられていた領域以前の住宅自体が訴求点なのだと感じる)、気になった。
https://toushi.homes.co.jp/column/akito-hasimoto/hasimoto03/

なお、日本の住宅は建て替えサイクルが早いし、それが不動産市場の新築高騰、中古下落の要因の一つ。とはいえ、そのサイクルゆえに住宅メーカーの技術は磨かれたとも考えられると思うし、それを活用していくことは素晴らしいと思う。
お叱りをお受けるかもですが、どんなにいいデザインでも、部品が高品質でも、最終的に作る人たちがねぇ、メリケンでは そんな中、品質を確保するには大変な手間と時間がかかるかと テスラの量産問題でも根っこはここですからねぇ
自分のルーツがあり、社会問題を解決できることに時間をかけて取り組む起業っていいですよね。

中国にいるとオポチュニティドリブンの起業やそれに関わる人の心のさまざまなストレスを他国よりも早回しで見ることになるので、余計にそう思います。
具体的に何がどうなるのか全然記事からは分からないが構想としてめちゃ共感。スマートスピーカーやスマートロックなどを入れるだけのツギハギだと微妙にストレス。
台湾の厨房機器メーカーは、その良さがわかる北米華人で一体の収益を得ている。日本の”部品”を使った新築住宅で、本間さんの会社は似たことをひとまずしようとしている。
鳥取の(小学校のw)誇るべき先輩、本間さんの最高にチャレンジングな取り組み。楽しみです。
この連載について
不動産【家】の購入は、「人生最大の買い物」と言われる。しかし、国内の大都市では、投資マネーも入り、マンション・住宅価格は高騰している。この不動産市場の好況は、一体どこまで続くのか。

業績

業績

時価総額
6.93 兆円

業績

業績

業績