新着Pick
535Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
実感としてまだまだ認知低いですがLINEpay等が手数料無料で徹底的に導入企業を増やして欲しいですね。銀行連動なのでクレジットに対する漠然とした不安層も利用者側としてリーチ出来ますし。
コンビニの3割超えも注目ですが、スーパーの普及率の伸びが一番大きいですね。これは大手スーパーのクレジットカード、電子マネー利用者増加によるものでしょうか。
スーパーのお客さんは年配者も多い。他も高くて良いはずだけど、キャッシュレス決済が使える店舗は少ないですね。

キャッシュレス決済が普及しない原因は、店舗側の手数料が高いからと言われているけど、本当に手数料が理由の大半を占めるのだろうか。手数料が1%以下になったとして、それでも利用者の増加が思うような結果でない場合、どこに原因を求めるのか気になる。キャッシュレス化が必ずしもレジのスピードを早くするとは限らない。特にQRコード決済は店舗の形態にもよりますが、組み込むとスピードダウンに繋がる事も考えられる。現金決済だからスピードを保てる店舗もある。

鶏が先か卵が先かではあるけど、キャッシュレス決済の普及は、利用者の意識を変化させる事が先にあると思います。
スマホ決済はもう飽きたw そもそも、支払いが面倒くさいし、2013年秋~2014年頃に鳴り物入りでいくつか出てきた、ペイレス決済とか、今は下火になってるけど、またブーム来ないかな~。

その頃よりも、いろいろとこの辺、頭良くなってるし(笑)
キャッシュレスの普及は今後必ず高くなります。今時点での普及度を高いと見るか、低いと見るか。個人的にはキャッシュレス賛成派なので、もっと高くてもいいのかなという感想です。

”「現金を使わない」もしくは「現金を使わないことが多い」と答えた人の割合は、「公共交通機関」において44.6%(前回43.9%)、「コンビニ」で34.5%(前回27.2%)、「ファストフード店やファミリーレストランなどの飲食店」では25.5%(前回18.4%)など、いずれのシーンにおいても2016年9月度の前回調査に比べキャッシュレス化が進んでいることがわかった。”
楽天ペイとLinePay、善戦。
「スマートフォンで決済を行う人にその方法について調査したところ(※複数回答可)、44.7%が「Apple Pay」と回答。次いで、「楽天ペイ」「LINE Pay」(ともに24.3%)、「Google Pay」(23.0%)、「d払い」(21.1%)の順となった。」
69歳まで含んでいるとはいえ、公共交通でも50%ですか。。。QR決済諸々で4割くらいまでは到達するにしても、その後の伸びは5〜6割で止まり、後は世代交代で徐々に、という感じかもしれないですね。
ここ一年で、コンビニとスーパーでの利用率がけっこう増えてますね。あとは、LINE Payやメルペイなど新興決済が中小規模の店舗に普及することで、一気に広まるかもしれませんね。
非現金はコンビニで34.5%、この2年で7%上昇。上がってはきているけど遅い。大都市とその他の格差もあるでしょうね。
キャッシュレスのインフラ整備が急務といわれていますが、後継者不在の商店や飲食店でのインフラ整備が進んでいないのではないかという仮説も成り立ちます。

後継者不在の商店や飲食店の廃業が進めば、結果として統計上の普及率は上がりはしますけれども、
そういう形での普及率の上昇は、寂しさを感じますね。

地元の個人経営のイイお店にも、是非普及してもらいたいですし、導入した結果としてお店の売上があがり、そのお店に後継ができ、世代交代が進むことにつながることを願っています。
コンビニのレジで財布の小銭をジャラジャラ探しているのは、いけてないという風潮を拡める方が早いかも。
居酒屋トークでそういう話が広まると、「そうか俺もキャッシュレストランにしないとな、どうやるんだ、教えてくれて」なんていうおじさん達が増えるかも。