新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
- 検証方法としては環境条件を所定のタイミングで変化させた際の被験者の覚醒度変化を確認した

- 被験者には環境条件 1〜4 の中で眠くなりやすいタスク (2桁の加算暗算) を与え5分毎に眠気を5段階で申告してもらうとともにカメラにより眠気を推定した

- その結果、空調による温度刺激では環境変化を与えない場合と比較して平均の覚醒度が5段階中、最大で約2段階分上昇しさらに45分以上眠気を抑制し続けることがわかった