新着Pick
81Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
しまむらはカジュアル衣料の「アベイル」、ベビー・キッズの「バースデイ」、靴の「ディバロ」など、主力の日用衣料の派生業態をそれこそ20年以上前から展開してますが、さほどにスケールしていません。
今回の寝具専門店はこれらの派生業態の不採算店を業態転換する形で始めるとのことですが、ニトリ、イケア、無印、イオンなどがひしめくこの業界は不採算店の置き換えで攻略するには敷居が高すぎる気もいたします。
先般発表のZOZO出店も含めて、しまむらは既存事業の閉塞感を打破しようと腐心されてるようです。
当たり前だが、簡単ではない。業態が違うから、店舗も企画・販売も、資金サイクルも違う。規模が相対的に小さいから、既存競合に対して調達力・交渉力も今は低いだろう。そのなかで、何を勝ち筋としていくか。
もともと、しまむらの売上の15.8%が寝具・インテリアだったんですね。記事を読むだけだと、割と無難な印象を受けたので、もう少し特徴を出してもいいのでは、と思いました。
モノによるとは思いますが価格帯は全体的にニトリよりもさらに安いと思うので、新たに開拓できるのかですよね。