新着Pick
1089Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
落合陽一さんはDNAを4種類の塩基による四進法であり、量子化され、コドン(塩基3つを1組にしてアミノ酸情報を決めている)によりさらにコード化されている、という生物の見方をしていると最新の著書「デジタルネイチャー」で触れられていました。
生物の遺伝子情報とそれの表現型はビッグデータの塊であり、その因果関係は難しいでしょうが、相関関係を見出すのにAIとの親和性はものすごくマッチしていそうで、治療というソリューションにつながることを加速化するという期待が高まりますね。
CRISPRのローテク活用で診断にも使えて、それを事業化するためのスタートアップまで勃興しているのですね。ポイント・オブ・ケア診断、いわゆるPOCTと呼ばれる診断は、インフルエンザや糖尿病などでクリニックで即座に結果がわかる診断として注目されています。
Mammoth BiosciencesはCas12aを使用していると目されており、他のグループもCas13を使用して試験紙で検査できるような方法も研究しているようです。

Mammoth Biosciences: https://mammoth.bio/
参考記事: https://wired.jp/2018/06/11/crispr-to-diagnose/
今週のWeekly Ochiaiで落合さんも言及されていた、CRISPR-Cas9の発明者ジェニファー・ダウドナ氏。ちょうど来日されているタイミングに、緊急インタビューを敢行しました。

このゲノム編集技術をめぐっては、遺伝子を自在に操作できるその破壊的ポテンシャルへの期待が膨らみ、大きなビジネスチャンスにもなる一方で、受精卵の段階から子供の能力や容姿を編集するデザイナー・ベビーの問題などが、大きな議論の的になっています。

ダウドナさんは、これらすべての疑問に丁寧に答えてくださりました。やはり凄まじいインパクトを持つ技術を発明しただけあって、その影響に対しても、一つ一つきちんと考慮している姿が印象的でした。

特集は、本日が最終回です。お読みいただいた方、誠にありがとうございました!(ちなみに、弊社の田井さんがなんとゲノム編集学会の山本卓会長の教え子?だったことが、取材過程で判明したのは驚きでした)

>後藤悠さま
DNA、遺伝子の説明なのですが、簡単に言うと、DNAが物質で、遺伝子が情報です。特集にも登場していただいた高橋祥子さんの書籍から引用させていただくと、「DNAが本なら遺伝子は物語、DNAをCDとすれば遺伝子は音楽」という形です。ゲノムというのは、遺伝子ではない未解明の部分も含んだ、全遺伝情報です。
「ゲノム編集=遺伝子を書き換えられる=怖い」という単純理解の人は、是非読むといいと思います。ゲノム編集の世界的な第一人者であるジェニファーダウドナの取材をここまで丁寧に発信されるのは国内では初めてじゃないでしょうか。読み応えあります。
ダウドナ教授は、ノーベル賞を取る前に是非インタビューしたいと思っていたのですが、とても忙しい方なので直前まで出来るか分からずひやひや・・・取材が実現してうれしかったです。森川記者と飛んで行きました。
ダウドナ教授は、すらっとして知的な印象ながら、話しぶりはハキハキしてとてもフレンドリー。終始わかりやすい言葉で説明してくれました。
現在、日本の医薬品の貿易収支は毎年2兆円の赤字です。
http://yusukenakamura.hatenablog.com/entry/2018/01/27/081258
(惨憺たる有様のグラフを是非とも御覧下さい)

日本には世界でも稀な高額療養費(補助)制度がありますので、医学的に妥当と考えられれば、いかに高額な医薬品でも割と簡単に処方されます。海外の企業にとっては上客です。

日本の生命科学が負け続けるということは、さらに海外から吸い取られる事を意味します。つまり、国民が必死に働いて納めている社会保険料や税金から抜き取られてしまうんです。


本シリーズは大変面白かったです。
そもそも事前の十分な勉強や能力(語学力等)が無ければ、インタビューの対象からこれだけの情報は引き出せないでしょう。その取材力に驚嘆いたしました。

日本では科学ジャーナリズムはなかなか盛り上がるのが困難とされています。
https://news.yahoo.co.jp/byline/enokieisuke/20170221-00067919/
しかし、冒頭で述べましたように科学力の衰退は経済的な敗北に直結します。NP取材陣の今後の活躍に期待いたします。
本特集の中で圧倒的に面白い記事でした。ダウドナ教授のインタビューとか価値が高過ぎで、NP内に留めておくのも勿体ないレベルです。

大きなテーマに立ち向かう(疑問を持ち続ける)ことは非常に重要で、その科学者のベクトル軸となります。本文中にありました、Howに着目するという彼女的戦略により、テーマ選択がどんどん明確に広がっていくのかと思います。

>>>「人間を人間たらしめるものは何か(What makes us human)」
>>> 私のラボでは「どうやって(How)?」という疑問を追求するようにしている

応用に関しては、ゲノムレベルでのキメラ実験を進めていく印象を受けました。ゴールをどこに定めるべきなのか、その境界がやはり重要になりそうです。基礎科学であることを理由に無限に突き進んでしまう可能性がありますから、生命科学は取り扱いが難しそうですね。
最後のこの一言が印象に残りました。基礎技術の生みの親としてのダウドナさんの偽らざる気持ち。

「ゲノム編集は、遺伝子組み換えと同じ轍を踏んではいけないと思っています。
遺伝子組み換え技術自体は、非常にポテンシャルのある技術でした。しかし、世間からの反感が強すぎて、研究室の外に出ることができなかった製品がたくさんあります。
私は、ゲノム編集がそのようになってはいけないと、少し心配しています。」
もはや、遺伝子の研究に欠かせないGFP(緑色蛍光タンパク質)の研究で、2008年にノーベル化学賞を受賞した下村脩博士も、当初はオワンクラゲの発光の機構を解き明かすことが主題であり、研究ツールの開発を目的にしたものではなかったとおっしゃっていました。
多くの研究者の出発点はそうなのだと思いますが、ダウドナ博士も最初はバクテリアの研究者でおられた。ただ、クリスパーの発見と応用から、技術面に視点を移してアクセルを踏まれたところが、現代の研究者だなと思いましたし、多くの日本の研究者にもそういうマインドが生まれるといいなと思いました。(日本ゲノム編集学会の山本卓広島大教授も、ウニの研究からゲノム編集の研究に切り替えた方だったと思う)

ちなみに、ダウドナ博士が若かりし頃研究されていた「RNA」は、DNAからタンパク質ができる過程で一時的に細胞内にできる、DNAのコピーのようなものです。DNAよりも壊れやすいことがすごく大事で、タンパク質の量の調節やタンパク質を作るタイミングなどを調節することができるという、面白いもの。

森川記者と岡記者が、神戸で開催されている日本神経科学学会の大会のためにダウドナ博士が来日されていることを聞きつけ、急遽取れたインタビューがこの記事なのだそうです。これが読みたくて6時前に起床して公開を待っていました(苦笑)
1週間、記事の公開にこんなにワクワクした特集はありませんでした、これからもサイエンス特集を期待しています、ありがとうございました。
Newspicks の独占インタビューが実現。これは必読。
この連載について
ITテクノロジーは、我々の生活を大きく変化させてきた。さらに今、我々の「生命」自体を決定的に変化させるテクノロジーが登場している。われわれを規定する遺伝子、ゲノムを自由に操作できる「ゲノム編集」の技術は、人間をいかなる未来へと誘うのか。