新着Pick
913Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ハンリー博士の話を聞いていると、どこまでが実際に行われていることで、何が将来の可能性なのか、曖昧になるくらい、聞いたこともない「イマジネーション」が飛び出してきました。インタビュー後の帰り道は、天空から下界に降りてきたような感覚でした。

実際に人が数百年も生きることが可能になったら?
子供、人間が増えて、食糧問題が起きるのでしょうか。でもそうなる前に食物の遺伝子を編集しているので、問題は起きないのでしょうか。

博士が、超長寿が可能になった社会について一つだけ疑問をなげかけていました。それは、地動説を唱えたガリレオに反対していた人たちが今の時代も生きていたらどういうことが起きるのか?ということでした。

時代が変わるということは、人の生命に終わりがあり、世代が交代する、そして人の考えも変わっていく、ということを考えてみると、確かに、どうなってしまうのでしょう。

今回のインタビューは「可能性」についてのお話ですが、全く全てが仮定でないというところに期待と怖さも感じます。



物理的に160歳まで生きられるかも。
かつてネズミとゾウの寿命を研究する人がいたが、ネズミはゾウほど長く生きられれない。しかし、数、サイクルの速さで、ネズミは長く地球にいた。ゾウより生命力が旺盛だった。
ネズミがゾウと同じ寿命を持つようになっていいのか、という問題も出ている。
昔、人間は70歳では古希であり、今は普通だった。
すでにあまりにも長寿となってきた。
本当は60歳で一つの循環過程として終了するのもいいことだろうとも思われる。
この一週間ずっと病院で危篤のお婆ちゃんんを見ている。救急室におり、周りの人がポツリポツリ亡くなっていくのを見てあまり長く生きれていることは意味があるのかと感じる。
あまり長く生きることでその苦痛、孤独も見てきた。
長生きはいいとはあまり思わない。
ダイジョーブ博士(パワプロ)の世界が現実に?

動的平衡(福岡伸一氏ワード)による代謝を維持しつつも、少しずつ減少していくテロメア(染色体の末端部)が、寿命の長さを決定する説はいかほどに?
「寿命=テロメア長さ」というざっくりした知識で止まっています。真偽と合わせて、もう一歩踏み込んだ寿命決定メカニズムが気になります。

本件のオフターゲット効果を用いた手法はスポーツ界でも利用可能なのでしょうか?マクロに見たらどうもドーピングとの違いが。。(木崎さまありがとうございます。)
>>>私の方法は遺伝子の編集ではなく、遺伝子を外から導入する方法です。
洪さんの写真が、味わいを深めています。

アメリカでは、ゲノム編集などを使って、個人で実験を進める「バイオハッカー」のムーブメントが、盛り上がっています。植物の改良や、細胞を使ったアートなどたくさんありますが、一部の急進的な人たちは自分自身を実験台に遺伝子を改変して、その効果を検証しています。

「もはや人間は遺伝子の奴隷ではない」とまで主張する人も。ハンリー氏は、バイオハッカーではない、と主張していますが、その究極系かもしれません。

それにしても実験の様子が凄まじすぎる一方で、「ノーベル賞の科学者たちは、自分の体で検証してきた」とど真面目に語っている様子をみると、こういう方が科学の一線を超えていくのかもしれない、と感じました。
昔は強い兵士を作る技術がドーピングに転用されていて、今はアンチエイジングの技術がドーピングに転用されてるそうです。
色々と勉強していると、まだまだ寿命は伸ばせる気しかしない。生命科学の分野は、インターネットの世界にいるとあまり見えてこないけど、研究最前線は信じられないことになってきている。

ところで特に生命科学分野の進化については倫理的な観点が外せない。他方では、生死の問題があらゆるところで待った無しで流れています。倫理が成長阻害をしているところもあるけど、マクロ均衡が取られているのは倫理のお陰でもあり、悩ましく難しい問題がたくさんある。

論語と算盤、道徳と経済、倫理と進化。
バランスをとりながらも、最速な道を見出してほしいところです。
やばい!この治療受けてみたい!
自らの命をかけて壮大なる実験をしていることに驚きます。

160歳まで生きられるようになるのはいつなのか分かりませんが、それだけ長く生きる人類は地球と宇宙に相当貢献しないと人口ばかり増えて、結果住みにくい世界が出来そうな気もする。

Life span balanceというか、適切な寿命を生きる。
自分の生命力が伸びることは、それだけ世界に貢献する必要があることを考えて長生きしたいもんですな。
スパイダーマンとバットマンに序列があって、しかもバットマンの方が下、というのが実感としてよく分からないが、すごい人だな。

博士号を取ったのが2009年だけど、どうみても僕より5歳歳上、というようには見えないので、研究者になる前のキャリアがあるのかな?そちらも興味深いです。

『ものすごいエネルギーがみなぎっている』という感覚が、生理的にはいったい何が起きているのか、すごく気になります。これは、マウスとかで試験しても、きっと分からない感覚な気がするから。普通の若者も、「エネルギーがみなぎるんですよね」と言わないと思うので、若返りの効果とも言えないような…

あと、女性の閉経が伸びる話だけでなくて、男性の生殖機能も復活するのか知りたかったな!寿命だけ伸びても、セックスできない期間がひたすら伸びるだけ、となったら、悲しい。
成長ホルモン放出ホルモン(GHRH)は44個のアミノ酸からできており、頭の視床下部という所から分泌され、下垂体に働いて成長ホルモン(GH)を分泌させます。

視床下部以外の膵臓や消化管からも分泌されるようですが、こちらの働きはよく判っていません。

その状況で、この成長ホルモン放出ホルモンを筋肉の細胞に作らせる人体実験に踏み切ったと…(自分の体だけど)

もう少し、基礎を固めてからの方がいいのでは…。仮に今回"成果"が得られたとして、今後どの方向に発展させるのか難しいかと。
(と一野良臨床医のつぶやき)
この連載について
ITテクノロジーは、我々の生活を大きく変化させてきた。さらに今、我々の「生命」自体を決定的に変化させるテクノロジーが登場している。われわれを規定する遺伝子、ゲノムを自由に操作できる「ゲノム編集」の技術は、人間をいかなる未来へと誘うのか。