新着Pick
244Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現在開催されている夏の高校野球地方大会。過密日程はなんとかならんものかなと思い、最も象徴的な千葉県の高野連を取材してきました。個人的に毎年取材に行っている栃木県大会決勝では会場の清原球場周辺に異常な量の路駐があり、マリンスタジアムで開催したいという千葉県高野連の希望は理解できる。となると、過密日程を解消するためにはロッテやNPBの協力が不可欠。が、それも思うように行かず、高校球児に負担を強いるというのが現状の構図です。一つになれない野球界の構造が問題の根源で、そのしわ寄せが選手にいく。これでは野球界に明るい未来がないので、なんとか変革を促していかないと。そうした思考を千葉県高野連は初めて持ってくれたそうなので、期待したい。
もう甲子園を夏にやるのもやめるべきな気がする…。
「危険な暑さ」と繰り返し伝える同じニュース番組のなかでスポーツコーナーに移ったとたんに「感動の甲子園!」になる違和感。
いい取材ですね。千葉県高野連の方も「千葉県の日程はこれでやるしかないと頭が固まっていたのかも」と仰っていますが、頭使わないで生きてる方というのは実はかなり多い。
現在の高校野球の組織は「大会開催」のための組織という意味合いが強く、「スポーツ文化の発展」の活動まで行う機能がないのが現状です。

「スポーツ文化の発展」はすべて指導者に任せられているのではないでしょうか。

ステークホルダーを考えると、実際に開催日程の緩和の動きを起こすには、賛同する各高校の指導者を組織化して連盟に提案する、ということを行う必要があると思います。

当事者から直接的な要望が挙がらない限り、動くインセンティブが低いと思われます。
千葉投手の取材を終えたときに、彼の大人を気遣う姿勢や野球界のためのことを思ってくれた発言の数々に感動しました。

だから、石丸専務理事が語った真実が僕にはショックでした。千葉くんがこれだけのことを思ってくれているのに、と。

でも、この当事者意識のなさは、千葉県に始まったことではないとも思います。高校野球はもちろん、野球界全体がそうなのかなと今回の取材で感じました。

千葉くんのことをすべての野球人が知って考えろとは言いませんが、高校野球の中でたくさん起きている問題点を他人事とは思わずに、野球、や甲子園を良いと思っている人たちが真剣に考えてほしいなと思います。

実は、千葉投手と同時期に高校野球界では健康面を巡る問題が起きています。最後にそちらについて、いい方向に向いている選手も含めてあげておきます。

・安樂智大投手(楽天)2013年のセンバツ2回戦の広陵戦で234球の熱投。日米のメディアをまたにかけて物議を醸した。後に安樂は肘を痛めた。

・2014年夏、盛岡大付の松本裕樹(ソフトバンク)は右ひじ靭帯の炎症を隠して登板して問題になった(同連載にて既報)

・2014年夏、石川県大会で8点差を逆転する奇跡を起こした星稜のエース・岩下大輝(ロッテ)はプロ入団後、右ひじのじん帯を損傷、トミー・ジョン手術を受けた。2018年フレッシュオールスターに出場150㌔を計測した。

・1年夏から4季甲子園に出場した明徳義塾のエース・岸潤一郎(徳島ファイティングドッグス)も、拓殖大学に進学後(中退)、こちらもトミー・ジョン手術を受けている。野手として再起。
東大の柏キャンパスの目の前が柏の葉公園球場のため,今日も昼間はずっと野球の応援がほのかに聞こえるという状態でした.過密日程もそうですが,この暑いさなかに開催するというのも,今年は特に考えたほうがいいんじゃないかなぁなどと思いながら聞いていました.

この時期,ロッテは多分ほとんどがナイトゲーム(+花火)という感じだと思うので,日中2試合とかにすれば,プロとの併用もできそうな気もしますが,やっぱり大変なんですかね.球児たちの健康に配慮した大会になってほしいものです.
"ただ、今回のことで千葉県高校野球連盟が明らかにしたのは、野球界における当事者意識の欠如に他ならない。"
野球に限った事ではありませんが、スポーツにまつわる諸悪の根源は2つあり、1つ目は業界団体の乱立による各団体の権限の小ささ、2つ目はスポンサー資金に頼り切った運営です。
例えば「野球界」と何気なく使っている言葉にも実体はありません。制約事項の数々はその権限の小ささからきています。
なぜ夏なのか、なぜ屋外なのか、なぜ連投するのか、もはや誰も何もできないのです。
仮に朝日新聞の社長が夏はやめよう、と提言したとします。代案は調整事項が多すぎて多分ありません。あったとしてももし、部数が減ったら?広告売上が減ったら?多分更迭です。高野連が日程を変えよう! 、と提言したとしても高校のテストの時期をずらす事はできないでしょう。代案がないんです。強引に調整したらクレームが来てその担当者は多分左遷です。がんじがらめすぎます。
内部事情をあまり知らないので外から見た意見を書きます。

プロと高校野球で一体感という話は、感情としてはとても共感するのですが、実際の問題解決となるとどうしても目的や利害(球団と高校だけでなく、プロ野球の観客と高校野球の観客でも)が対立してしまうので、高校野球のルールで問題解決を図るのが1番いいように思います。

日本の部活はプロではないので、目的は教育だとすると、
高校野球はルールとして投球イニング数とか連続に試合では投手は出場禁止とかできるのでは??
プロでもイニング制限を自主的に入れている球団や選手がいるので、未来プロを見据えた戦略としても問題ないでしょうし、誰かが何を優先するのかリーダーシップを発揮して推し進めるべき問題な気がします。

2-3年後スタートとかにすれば人材獲得の観点などでもフェアでしょうし。

今の組織だと決めないのであれば、
全国の高野連参加学校の野球の責任者(ほとんどは監督だと思いますが)による投票か、高野連のTopを投票で決めてその人が決めるなりと言うのが有効な気がします。
できない理由を把握しつつ、当事者としてどうすればできるようになるかを「考える」事の重要性が垣間見える内容だと感じました。
スポーツもビジネスも同じですね。
4月に選抜大会があるので、もう少し間を空けて11月初旬〜中旬くらいの開催に出来ないのかな。

10月になればプロ野球もシーズン終了で、CS開始までの期間、CS終了〜日本シリーズ開始までは、球場も空きは多くなるでしょう。(他のイベント、大学野球秋季大会等との兼ね合いはあるでしょうが)。
天候面でも夏の過酷な環境に比べれば過ごしやすい。暑さで観戦を敬遠していた人にも、球場に足を運んでもらえるかもしれません。

プロ野球に合わせて、予選や本大会をする必要性は無いでしょう。。各地区の秋季大会は別の時期になってしまい、選抜大会の選考基準にも影響ありそうですが、選手生命を断つようなタイカイニなってはいけないと思います。多数の選手が飛躍するきっかけとなる大会になって欲しい。
元モノ書きとして胸が熱くなる、強い問題意識と、野球への想いの詰まった記事でした。

阪神は甲子園期間中、甲子園球場を明け渡してくれるけど、全国大会だから阪神の犠牲は許されるのだろうか?
他のプロ野球のスタジアムを使うエリアの高野連は、どういう調整をしているのだろう?
この連載について
2018年、遂に100回大会を迎える夏の甲子園。時代の変化とともに“変わりつつある姿“と、旧態依然の両方に目を向けながら、未来の高校野球のあるべき姿を考えていく。