フランスのアッカ・テクノロジーズ(Akka Technologies)は、翼が取り外し可能で地上では「電車」になる飛行機を設計した。同社は販路拡大をねらい、このコンセプトをボーイングやアジアの企業にプレゼンテーションしている。
最寄駅で乗った「電車」で空の旅へ
それは、ジェームズ・ボンドの映画に登場する技術屋「Q」が作りそうな装置のように聞こえる。滑走路に降り立つと翼が取り外され、電車に変身する飛行機。レール上を走り、乗客を最寄駅で降ろす。
これは、エンジニアと企業を結びつける事業で何百万ドルも稼ぎ出したフランス人起業家が、ボーイングをはじめとする企業に売り込んでいる構想「リンク&フライ(Link&Fly)」だ。
アッカ・テクノロジーズ(Akka Technologies)が新たに重点を置くこの航空機コンセプトでは、空港で翼が取り外されることで、空港での乗り降りの時間が短縮され、より乗客の自宅に近いところで搭乗が可能になる。
アッカのモーリス・リッシCEOはパリで行われたインタビューで「自動車が電力化・自動化した後、次なる大きな創造的破壊は航空機で行われるだろう」と述べた。欧州のエアバスやルノーのような企業への依存を抑えたいアッカにとって、ボーイングは主要なターゲット顧客のひとつだ。
アッカの未来的なコンセプトでは、乗客は近所の駅で電車のような筒型の乗り物に乗る。空港に向かう道中で、乗客の網膜をスキャンしてセキュリティチェックを行う。空港では、翼がポッドに取り付けられる。リッシCEOはアジアの潜在顧客から関心を集めていると話したが、企業名は明らかにしなかった。
革新的アイデアに航空機メーカーも
ウーバーが「空飛ぶタクシー」に出資する一方で、グーグルの共同創業者であるラリー・ペイジの支援を受けるベンチャー企業キティーホーク(Kitty Hawk)はバッテリーで稼働する一人用航空機を製造している。
このようにテクノロジー企業が革新的なアイデアを打ち出すなか、航空機メーカー各社も反応を始めている。エアバスは、未来の輸送手段を研究する新部門を設立して対抗。ボーイングはジェットパック事業に派手に乗り出した。
アッカは「リンク&フライ」のコンセプトに関して、必ずしも航空機メーカーを説得して完全に製品化しようとはしているわけではない。このコンセプトデザインが、人目を引くショーケースとなることを狙っている。デザインのうちいくつかの部分が最終的に、顧客の商用航空機となる可能性があるわけだ。
航空機メーカーや周辺企業にとって、アジア、とくに中国は新たなビジネスの機会をもたらす。中国の航空機製造会社、中国商用飛機(Comac)は独自の航空機を開発しており、技術パートナーを欧州の航空機産業に求めることもあり得る。
リッシCEOを筆頭株主とし、時価総額11億ユーロ(13億ドル)の企業であるアッカはエンジニアを雇用し、顧客企業がプロジェクトごとにコンサルタントとして雇えるようにしている。
同社は2008年に自動運転車コンセプトを打ち出したほか、2014年にはソフトウェア会社ダッソー・システムズと提携して、自動車メーカーにサービスを提供した。
同社の株式は2017年、約23%上昇した。ヨーロッパの重要株価指標とされるフランスの「CAC40指標」における上昇率1.8%と比べると何倍にも及ぶ。より多くの銘柄を含む「SBF120指数」でも同様の飛躍を見せた。
新たな顧客に米航空宇宙企業狙う
アッカのコンセプト「リンク&フライ」の短距離輸送機では、そのサイズやターゲットとする利用法は「エアバスA320」型機と類似している。
162人の乗客を運ぶほか、座席を取り外して貨物を運ぶこともできる。翼とエンジンを取り付けた状態で、翼幅は約49m、機体の長さは34m、高さは8mとなる。
パリを拠点とするアッカは、売り上げの75%をフランスとドイツから得ている。約7年前にダイムラーのエンジニアリング部門を買収したことで、自動車製造への依存度を高めた。
同社は今回の新たなコンセプトで、アメリカの新たな航空宇宙企業を顧客として獲得したいと望んでいる。テキサス州拠点のエンジニアリング会社、PDSテックを6月に買収したのはその第一歩だ。リッシCEOは、3〜6カ月で買収が終了すると見込んでいる。
「航空機はより効率的になり、汚染や騒音は軽減される必要がある」とリッシCEOは述べる。「われわれの役割は、顧客を未来の技術に導くことだ」
原文はこちら(英語)。
(執筆:Marie Mawad記者、Ania Nussbaum記者、翻訳:新多可奈子/ガリレオ、写真:panimoni/iStock)
©2018 Bloomberg L.P
This article was translated and edited by NewsPicks in conjunction with IBM.