新着Pick
450Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「◯◯の民主化」が流行ってますね。民主的な状態もしくは民主主義の定義は学術的にも市井の認識的も多岐に渡るので、このフレーズに出会うと余計な事を考えてしまうのですが、それはどうでもいいとして、このサービスはやはり興味深い。
関連記事: https://newspicks.com/news/3150241/

"短期的な人気投票ではなく、「長い目で見て支持された作品」の価値が高まると考えています。"

これが実現すると、アートの価値を毀損せずにアート業界への参加者が増える、正にブロックチェーンを活用した素晴らしい事例になる気がします。期待してます!
最終日は、アートの課題をブロックチェーンによって解決しようとしている企業を取材させていただきました。
取材の中で印象的だったのは、長期的な視点での評価の仕方がアートには向いているということです。多数決には向かない価値というのは他にもあろうかと思います。
おそらく、古くなることで価値が増したり、修復の良し悪しで価値が上下する「文化財」や、ワインもこの中に入ってくるのではないかなと思います。価値を可視化しにくいモノに対する、価値評価の思想設計としてとても勉強になりました。

(追記)
贋作を排除できるのが、このネットワークの利点の一つですが、一方で贋作は贋作として評価できる余地が出てきたらも面白いなと思いました。
記事には入っていませんが、施井さんも同様の趣旨のことをおっしゃっていました。

詐欺ができるようになることを勧めるということなのではなく、
本物でないものが、その後別の価値を持つものになる可能性があるのではないかなと思うからです。

先日ちょうど大塚国際美術館に行って、世界の名画の複製を見たときに、複製だけれども、3000円払う価値があるなと。

そういう評価ができないものだと、評価として不完全なものになってしまうなと、、思った次第です。完全なものなどないのだろうと思いますが。
ちょうど先日、施井社長から直接お話を伺いました。非常に面白い構想だと思いますし、手段としてブロックチェーンを活用する理由がわかりやすいサービスだと感じます。
アーティストがこうした技術の利用にどれだけ積極的に応じるか、売買するコレクターに利用する必然性を訴求できるか、またオークション会社等の既存プレイヤーに迎え入れてもらえるかどうかがポイントなんでしょうね。
わざわざこんな特集が組まれるということは、それだけ情報の非対称性の大きなマーケットであることの証ですし、「民主化」されることで割りを食うプレイヤーが多々いるのでしょうから。
特集「アートビジネスの教科書」最終回は私も監査役を務めるスタートバーンの代表、泰平さんのインタビュー記事。ブロックチェーンでないといけない理由がやはり肝でしょうね。ブロックチェーンのことを考えることがアートのことを、アートのことを考えることがブロックチェーンのことを、それぞれ本質的に考察する契機になるのでは。最後にびっくりするような決意が!
1週間のアートビジネス特集は今回で完結です。ご愛読誠にありがとうございました。今回の特集では、普段あまりコメントされない方々から投稿いただけたようで、ぜひ今後とも折に触れて、アートビジネスの新潮流を取り上げていければと思います。
「──分散的な時代になっているにもかかわらず、アート業界だけは依然中央集権的で、一部のトッププレイヤー以外の活躍の場がないと。
ええ。なぜ中央集権的である状態が変わらないかというと、アートは一見その価値がわからないもので、解釈が必要だからです。」(記事引用)

アートとはつきつめれば嗜好であり、好きか嫌いかということ。しかし自分の嗜好に自信がないと、解釈を求めるようになる。そして解釈の提供者は権威となる。

「ここで間違ってはいけないのは、「アートの民主化」は単なる多数決ではないということです。アートの評価に多数決を取り入れると、短期的な人気投票によって作品の価値が決まることになります。」(記事引用)

しかし確かに「好き」という人が多いだけで、そのアーティストや作品が優れているとは言い切れない。人気ほどあてにならないものはない。

「ではどうするか。私は「長い目で見た評価」こそがフェアだと考えています。」(記事引用)

歴史の風雪に耐えて残るものを古典という。アートも、一時的流行を超えてこそ、普遍的価値を認められる。そして人類史的文化の大切な一部として継承されていく。
アート作品の売買ごとに作者に利益還元できる仕組みだそう。仕組みは8月末以降公開だそうで、構想を上げたまでで、ロジックも不明だし本当にうまく行くのかどうか含めコメントするのは時期尚早な感じ
アート作品には多数決の評価方法が向かないというのは、考えてみると確かにそうかもしれません。

「分かる人は少ないけど、分かる人にはどこまでも分かる」という狭くても深い世界なのかな。

長期的に価値を育み、それを引き継いでいく世界。
ブロックチェーンとアートの意外な掛け合わせの理由が分かりました。この連載、普段と違う脳みそを考えて読んだので不思議な読後感でした。
これ、面白いなー。
特に、最初のアーティストからコレクターへの作品の売買だけでなく、その後のコレクターからコレクターへの売買でもアーティストに還元金が払われるというのがとても良い。

あと、ブロックチェーンを使って資産の最低額で入札者を制限できたりするのも良いね。

これ、あらゆる分野でも同じ課題があるよね。

株式とかだってそうだし。
ブロックチェーンなどテクノロジーが導入されたとして、最終的には「アートの価値を誰がどのように決めるか」という点が肝になりますね。

「アートの民主化」を果たすためには、美術館で価値の定まった美術品を鑑賞するだけではなく、いまのアーティストの作品を購入したり、意見を交わしたりすることによって、参加して楽しむような場所をつくっていけるかどうか。

そので、テクノロジーがその一助になれば、アートの新しい未来が開けそうです。