新着Pick
371Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
このイベントは素晴らしいと思うのですが、農業生産側から見ると、農業技術に比例して野菜の味が向上するようなものでもないところが難しいところです。
大方の野菜は産地でブランド化されているように適地適作にまさる農業技術はないのではないかと思います。
トマトは品種、栽培技術などによってけっこう味が変わりますが、他の多くの野菜に関してはむしろ重要なのは鮮度や流通方法だったりします。

なので農業者としては効率的に一定品質以上のものをどれだけ安定的に出荷できるかの技術を向上させるのが基本。平均点をあげる農業です。
絶品の食材を栽培しようと思ったらむしろ家庭菜園レベルの規模の方が追求しやすいのではないかと思います。
もちろんそれも年々の気候やちょっとしたタイミングに左右されるので、人間の技術が食材の味にもたらせる影響力は限定的。
もちろん年々向上するなんてこともありません。

なのでピンポイントで絶品な食材をセレクトする取り組みは面白いけど農業者にとってはたまたま選ばれた感は否めないのではないかなと思います。
かつて日本全国の優秀農家の品ばかりを採算度外視で集めて提供するレストランの仕入れに関わっていて痛感しました。
なかなか地元の人は自分たちの地域でとれる農作物の価値に気づいてないんだよね。
「農」を主語に考えると、フーンという事になるのかも知れませんが、「食」が最終的な完成商品・提供価値だと考えると、フードキュレーターという職種は有っても当たり前の存在だと思います。

よく販路のことを「出口」と言ったりしますが、これは冷静に考えると作ったものを売るという発想なので、本当は売れるものを作るという発想でいうと「入口」と呼ぶべきなのかも知れません。
生産者サイドも昔はJA経由という選択肢しかなかったのが、流通との契約生産やOisixのような生鮮宅配、プラネットテーブルのような外食とのB2B、アグリメディアのようなB2C、そしてフードキュレーターというコーディネータという風に、選択肢が多様多岐になってきたのは歓迎しても良いのではないでしょうか。
そうした多様な選択肢に対して、どこにどういう商品をぶつけて勝負するか、と考えるのが生産サイドの経営の醍醐味ではないでしょうか。

そういう意味では、確かに「農」が「食」を変えるときというタイトルよりは、「食」が「農」を変えるときというタイトルの方が良いかも。
ココロに響くステキな記事です。
眠っている価値を掘り起こし、価値がわかる状態にして、価値がわかる人に届ける。キュレーションって美術から派生して、なんかよい情報をただシェアする人みたいに軽くなってしまった面も感じるけれど、キュレーションすることで価値が流通したり影響力が広がっていくことが大切ですね。たいへん刺激になりました。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別レポート
株式会社ニューズピックスは、ソーシャル経済ニュース「NewsPicks」を提供する会社。2015年4月に、株式会社ユーザベースより分社化。 ウィキペディア