新着Pick
875Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
"「どうすれば自分は会社に対して貢献できるだろう」という発想で提案をして、それでも通らなかったら環境を変えるのがいいと思います。人生がもったいないですから。"
文句ばかり言って何も行動せず飲み屋で愚痴をこぼしている人を見かけるともったいないな、と感じてしまいます。その時間を作戦会議に当てればいいのに、と思ってしまいます。
もちろん、愚痴を言うこと自体が目的で何もするつもりがない人はいいのです。喜んで大げさに愚痴をうなずきながら聞きましょう。当然解決策の作戦を一緒に立てることはしませんが、立てた作戦の一員として働いてもらいます。愚痴を聞いてあげたんですからね。
森岡さんは、マーケティング、組織改革という軸を持ち、外資企業、日本企業、起業という経験があるだけに説得力に満ち満ちています。そして森岡さんの何よりの魅力は、侍スピリットと行動力。今は実践者兼思想家の時代ですね。
転職を考える前に、まず自分の組織を変えるトライをしてみるというのは大事なことですが、意外とちょっとやってみてダメだったという方が多いです。

マーケティングにおいてちょっとやってダメだったという人は少ない(それは明確にしょぼい)のに、社内マーケティング(上司や組織を動かす)についてはちょっとやってダメだったと諦める人が多いのは残念ですよね。同じように技術があって経験知やコツがある話なのに。

自分たちの組織のことになると、顧客と違って、距離的に近い分、「分かってくれるはず」みたいな甘えが前提にあるのかもしれません。
会社全体の利益と、意思決定者の価値観や利益が合致するかしないか。そこに変わらなかったり提案が通らない本質があるのだと思う。

組織の風通しの話がよく出るが、風通しが良い組織は、意思決定者の価値観が組織に伝わりやすい。伝わりやすいから、自分の提案や価値観と合致するかを個々人が判断しやすいし、それに基づいて、提案をするなり場所を変えるなりしやすい。
あと、そういう風通しがあれば、ある人はダメでも別の人だったら良いといいやすい。それで試してみて組織として成功体験があれば、「やってみたら案外よかった」という成功体験が生まれて、組織全体としても価値観が柔軟になりやすいと思う。

『重要なポイントは、会社全体の利益になる提案であれば通る確率は高いということ。そして、その会社全体の利益を判断しているのは、意思決定者と言われるごく少数の人たちだということです。その人たちと、目的を共有できるかどうかが全てのスタートです。』
この人面白い。アツい。そして人の感情とビヘイビアを読み解く鋭い洞察力を持っている。人を動かす力も持っている。
こういう人と出会えると仕事は面白くなる。
でも出会うのを待たずに自らでも面白く出来ると彼は言っている。
下からでも会社は変えられる。社内への提案をマーケティングと捉えよと。とてもインスパイアされる。明日も仕事を頑張ろう!
広告会社は基本クライアントからお金をいただく業種ですが、ここ8年くらいはコンテンツ投資に携わっているので、社内マーケティングにかなりの時間と労力をつぎ込んで来ました。

感想としては、そろそろ社内マーケティングから脱しないとやばいな、と。大事なスキルですが、「社内」という限られた市場に限定されたスキルなので、これを突き詰めていくと「●●社の部長ができます」という人材になりかねない。

社内マーケティングはあくまで方法論で、目的になってはいけないですね。自戒を込めて。
【ボトムアップと清濁の関係性】
短期的な「抗生物質」を求められるときももちろんあるけど、多くの仕事は、課題の本質に向き合えば向き合うほど「薬のいらない体質への改善」=組織改革に対してメスを入れないといけないことがほとんど。そのときの一つの大きな改善領域がここにある通り、「下から上へのベクトルを中につくること」だと切に思います。足先の血液が体に戻ってこない末端冷え症状態に企業もなりやすい。ただその下から上へのベクトルを「清濁併せのんで」経験していくうちに、知らず知らずのうちに本人が「濁」に染まるのが恐ろしいことだなあと。濁は「淀」から生まれるので、やっぱりどれだけ動かしていけるかだなと思いました。
社内マーケスキルを磨け!
優れたマーケッターは、社内外の泥臭い調整や交渉を率先して行う。組織のドロドロした中に足を踏み入れる覚悟と勇気を持つこと。
縦型の組織構造の場合、自分の上司にも上司がいて、その上司にも上司がいます。まずは自分が今から通したい案件を意思決定する人が誰かを見極めた上で、その人の頭の中にあるアジェンダの分析をしっかりやるべきです。いわば、ターゲットアナリシスです。
組織の構造を変えるには、集団としての価値観を変えて、マインドセットを変えて、スキルを変える必要があります。
組織の奥底のところにグッと手を突っ込むのは、まさに血みどろの戦いです。そこまで手を入れる力を持ったマーケターやビジネスパーソンはなかなかいません。