新着Pick
869Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ネットの住所はIPからヒトが理解しやすいDNSが利用されていますが、今回は本物の住所の話。
世界中の場所が、住所でもなく緯度経度でもなく、新たな3文字の住所で示されています。
これはヒトが使いやすいだけでなく、普及すれば場所データの集約に大いに貢献しますね
世界には まだ70-75%は 住所を持たない人々がいると言うのを聞きました。その人々含め 世界中に 3つの言葉の組み合わせで 「住所」を与えたサービス。 自動車業界ではもちろん ドローンに対する位置情報の指示や 災害時の救助要請など多くの用途でこのサービスが広まって欲しい! 可能性は限りないですね。
私のいるフィリピンのセブ島も住所がないエリアがたくさんあります。今後、Eコマースが進んでも住所がなければ配送ができません。
3語で住所を表せるのは凄いですね。日本にいると必要性をあまり感じませんが、発展途上国いると素晴らしいアイディアだと思います。
面白いとは思うのだが、本当にメリットがあるのだろうか?

音声認識と自動運転でメリットがあるということだが、店のHPから「地図に行く」に行ったり、直接今いる場所を地図から送ったりすることの方が多くないだろうか?
逆にその近くまで来たら、番地とかのほうが規則性があって分かりやすいと思うし(海外の通り+番号のほうがより分かりやすいかもしれないが)。
自動運転も、ここにいってと言葉ではなくデータでやりとりをするような時代になっていくと思うし。
テクニカルペーパーが公開されているので、ちょこちょこと読んでいるのですが、いまいちまだ仕組みがわかっていません。

https://www.dropbox.com/s/ykjen8b5olq08ul/what3words%20-%20Technical%20Appraisal%20V1.1.pdf?dl=0?dl=1


https://newspicks.com/news/3138367?ref=user_145483

でもコメントしたように、地球の表面を単純に3m四方の面積で分割すると約57兆個にはなるんですが、2万5千の単語だと15兆通りしかできません。

現在のwebマップは、Google mapのやり方に準拠しているようで、

https://www.wingfield.gr.jp/blog/2016/02/17/p4294/

によると「web メルカトル図法」と呼ばれているそうで、北緯85度より上と南緯85度より下を諦めて切り捨てることで、世界地図を正方形で表現するというもの。

google map方式ではズームするたびに倍になっていくので、赤道の長さ40,075kmを約3mに分割するには、2^23分割(約4.78m)か2^24分割(約2.39m)あたりになるが、その際の球面上の最小正方形の数はそれぞれ2^46(約70兆個)、2^48(約281兆個)となり、やはり25000語の単語3つでは特定できない。

25000語の3つの組み合わせで作れる場合の数の範囲で正方形に分割しようとすると、4007500/25000^(3/2)=10.1となって、赤道部では1辺10mの正方形となってしまう。

球面投影の座標変換は難しいなあ。
今週はwhat3words のCCOのClareが来日していて、併せて取材していただいた記事の一つです。
色々な方のコメントの多様性から、なぜこのサービスが世界に羽ばたいて行っているのか、これからどんな取り組みが進行していくのか、益々たのしみになりました。

もちろんまだ改善できそうなところは1ユーザーからみてもありますが、感覚的にはGoogleマップやStreet Viewが出てきた時と似てます。日本語のセレクションは逆にぷぷ(笑)となる感じが好きです。

記事だけ読んでふーん、と思うだけではなくぜひ使ってみてください!
これは賢い!

京都に引っ越して、京都の住居表示は慣れれば便利だなと思う一方、グーグルマップなどとの相性は悪いし、海外の方にはかなり難しいそう(笑)と感じていたところなので、こういうユニバーサルな仕組みはいいなと思います。

一方、コンピュータの介在を前提としたシステムなので、人間が全体を俯瞰したり、システムが使えない時には大変そうです。
以前、この概念の記事を初めて読んだ時、すごい、天才!しか感想がなかったのですが、とうとう日本でもサービスが始まるんですね。実際のところ、どのように使うことになるのはよくわからないのですが、使ってみたいです。今から楽しみです。
これは秀逸なアイデア!
IPアドレスとドメイン名を思い浮かべた人も多いと思います。

昨日、AIスタートアップのオルツの発表会で、AIスピーカーの本人認証に3単語のワンタイムパスワード(二段階認証)を使うという技術が紹介されていました。例えば「宇宙 戦艦 トマト」。確かに、3単語なら十分なバリエーションがあるのに、一瞬で覚えられますし、忘れづらいですね。

流行りそうな予感がします。
アドレスのハック、面白い。

こうしたシンプル化はリアルにも進みそう。

けどUXどうなんだろ。。覚えにくい気も。。