新着Pick
39Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
CAテクノロジーズは企業システム向けソフトウェアの老舗ベンダーです。約5000億円の売上があり、世界ソフトウェア市場ではトップ10に入ります。

CAの主力製品はシステムやネットワークの管理ソフトで、メインフレーム時代から提供され、IBMやHP(もうソフト事業は売却してますが)と並ぶリーディング企業でした。ただ、オープン化の波にいまいち乗り切れず、さらにクラウド化に置いてけぼりされた感じで、メインフレームなどレガシーなシステムを持っている既存顧客をがっちりつかむという戦略できました。セキュリティやアプリケーション開発のソフトウェアも積極的に買収はしてきたのですが、いまいち効果は出ず。さらにデジタル化の波がやってきて、将来のビジョンを描くのに苦労していたという印象です。

ずっと前から買収の可能性は指摘されていました。製品ポートフォリオ的にシステム管理が弱いデルやオラクルあたりが買うのではという噂もありました。

正直、ブロードコムとのシナジーはあまりないと思います。データセンターのネットワークまわりくらいかな。ただ、大手金融や大手製造などの優良顧客が多いので、ブロードコムにとって顧客基盤を獲得するという点ではメリットがあるのかも。

いずれにしてもこの買収はソフトウェア業界のアナリストとしては想定外でした。
数カ月前にクアルコムの敵対的買収を目指したブロードコムだが、トランプ大統領に阻止されていた。今回CAテクノロジーズを買収することはブロードコムにとって戦略的に大きな動きとみられている。
間近と伝えられていましたが、ブロードコムがCAテクノロジーズを約190億ドルで買収することで合意したとのこと。
CAはIBMの保守ソフトなどで有名だったが、最近ではアジャイル開発などを中心としたモダンソフトウェアファクトリーという方法論に基づく製品とサービスを展開していた。買収も熱心で、新しいCAに生まれ変わっている最中だったが、買収されたと。それにしても、ブロードコムがどこに興味を持ったのか良く分からない。

業績