新着Pick
257Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
まず部長級以上の意識改革に取り組むことが不可欠だと思います。上司が変わらないと、働き方改革は決して進みません。これだけ長時間労働をしているのに、効率的な仕事を達成できていると考えているのは致命的です。
記事の内容とは直接関係しませんが、総務省職員のモチベーションといえば、家計調査の話があります。
というのも、総務省の家計調査はGDP速報における個人消費の基礎統計なのですが、サンプルが少ない等の理由で基礎統計からはずすべきとの専門家の意見が後を絶ちません。
なのになぜ基礎統計に残り続けているかというと、家計調査の調査員の方々が、GDP速報に使われているからというモチベーションがあるからこそあれだけ大変な調査ができているため、はずせないとのことです。
管理職と若手層での感じ方の違いが絶望的過ぎて笑う。。

それはそれとして、まず公務員にも上限規制を設けるのは、
いろんな「言い訳」を封殺するためであると理解しています。
霞ヶ関は言うに及ばず、大手上場企業も大概は同じ構図。年功序列・終身雇用は「若い頃にがむしゃらに働き、その褒美として終盤に役職と高報酬を与える」という「御恩と奉公モデル」なので、必然的に若者が割りを食ってしまう。全くもって持続可能じゃない。
"さらに、「モチベーション高く仕事ができているか」との質問には、部長級以上は過半数が「そう思う」と答えたのに対し、若手が就く係長はわずか6%とその差はあまりに大きい。"
新着記事一覧
【最終話・田中良和】ゲームで世界をより良くできるのか
NewsPicks編集部
4Picks

安田純平氏はなぜ「異常」にバッシングされるのか 「自己責任論」バッシングが映し出す日本の特殊性とは
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
3Picks

ビジネス心理学者・内藤誼人が教える転職塾『不安を転職のエネルギーにする方法』
Career Supli(キャリアサプリ)|あしたのシゴトが面白くなるウェブマガジン
6Picks

僕は国語の授業が嫌いで仕方なかった 異なる価値観の狭間で苦悩する人々を捉えた3冊
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
2Picks

「目が小さい」と言われ続けた梅沢富美男さんに、恩人がかけた言葉
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
2Picks

「カサンドラ」から抜け出して、夫と妻の役割からも自由になれた
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
2Picks

「脳の疲れには甘いもの」説は果たして正しいのか? - 体と心の疲れが消えていく「滋養食」
Diamond Online
3Picks

「パワハラ」と「厳しい指導」、セーフの境界線はどこにあるのか - 小宮一慶の週末経営塾
Diamond Online
3Picks

思っている自分と実際に動いている自分の違いに気が付くとスコアが激減する
商業界オンライン
4Picks

「運命」は、ある程度、決まっているが、変えることもできる - 大富豪からの手紙
Diamond Online
3Picks