新着Pick
721Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
楠木先生とお話しした内容です。

よく話すことですが、常々、事の成否を決めるのは、「理」「心」「運」の3つであると考えています。そのうえで、この3要素が成否に及ぼす影響というのは、おおよそ、
理:心:運=1:4:5
程度ではないかと解釈しています。
https://newspicks.com/news/1135266

ファイナンス思考というのは「理」の最たるものですし、この点から考えれば事の成否に1割程度しか影響を及ぼさない要素ということになりますが、そもそもの向くべき方角が間違えていると、間違った方向に全力疾走するというトンチンカンな状況になってしまうのではないかと思っています。

楠木先生がおっしゃるように、本書で述べているファイナンス思考は、日常生活の感覚からするとあまり自然な発想ではありません。自然な発想ではないからこそ、知っていることと知らないことで、大きな差が出るのではないかと思う次第です。
朝倉さんは聡明な方ですね。
余談だが、効率的市場仮説のジーン・ファーマ先生から聞いた話。効率的市場仮説は「マーケットにはミスプライシングはない」(したがって、アクティブな投資は長期的にはマーケットに勝てない)というもの。シカゴ大学で先生のファイナンスの講義を受けたMBAの学生が先生に言った。
「僕は証券業界で成功したいのです。ところがここで習った効率的市場仮説を受け入れてしまえば、ウォールストリートには就職できなくなってしまいますよ。」
先生いわく
「君にとっては残念だが、マーケットというものは現実にそうなっているのだから仕方ないじゃないか...。」
これぞファイナンス科学者の姿勢。ファーマ先生は後にノーベル賞を受賞する研究を始める前は高校の先生でフットボールのコーチをしていたそうで、この辺もカッコいい。
朝倉さんの次の言葉に膝が壊れちゃうんじゃないかというくらい「うん!!」と膝を打ってしまいました。本当にそのとおりですね~。

「ファイナンスの純粋な理論を100%理解する必要はないんですが、エッセンスだけは知っておいて、現場にどう埋め込んでいくか、考えることができればいい」

「まったく知らないのとエッセンスを理解して行動するのとでは天と地ほどの違いがあります」
習得するための方法が確立しているものを「スキル」、定型的な方法がないものを「センス」としたときに、思考の様式やセンスとしてファイナンスを論じたものは少ない。ビジョナリーカンパニーの名言ではないですが、「時を告げる」のではなく「時計をつくる」(=仕組みをつくる)ことの偉大さ。

あと、ファイナンス思考はPL脳と「違う」だけでなく頭のまわし方が逆ということ。目に見えないもの、現物で測れないものというのは理解を得づらく、思考レベルの転換が必須。スタートアップには本当にファイナンス思考が重要で、1-2年前までPL脳で冷や汗を書いた身としては、これはめちゃくちゃ実感大です。

もう、いちいちグッとささる話の多い記事。後編の対談にも期待です
センスは難しい…難しいからこそ、全員が持っているものではないし、稀少価値がある。
下記でもコメントしたことだが、現場に落とし込みやすいのは「PL脳」的な部分、なぜなら直感的だから。だけど、それだけだと長期の再投資による拡大再生産のための資源配分が、必ずしもうまくいかない。
だからこそ全員でなくても、経営資源の配分を司る経営者には、「ファイナンス思考」のセンスが求められていると思う。
https://newspicks.com/news/3162471
今年読んだ対談記事の中で、一番面白かったです。感動しました。

経営の成功に影響する割合が、「理・心・運=1:4:5」というのは、本当に共感します。「理屈じゃないもの」の理屈を感じ取れるかどうかが、経営センスではないかと私は思います。

また、「PL脳」は人間の思考として自然であり、「ファイナンス思考」は不自然な面がある、というのは面白いテーマで、願いが叶うならお二人にお会いして是非ディスカションしたいテーマだと思いました。

ちなみに、私はファイナンス思考習得の鍵は農業にあるのではないかと思っているので、人間にとってそんなに不自然な観点ではないのでは?と考えています。自分で畑を耕すことをしなくなった人類が陥った思考が「PL脳」とも言えそうです。(私は農業したことありませんので、あくまでイメージですが。)
朝倉さんからご献本いただき、ようやく1/3くらい読みましたが、赤字を掘り続けているベンチャー経営者としては、当然ファイナンス思考でしょと思う一方で、目先のPL管理・予実管理と、守りの部分も最近気になりだしている自分がいます。
本を読みながら、数歩先の自分がそう(PL脳に)ならないようにどうすべきかを考えるいいきっかけをいただいた気がします。
現代の経営は、ミレニアル世代経営者の直感的かつ非連続発想によって大きな転機を迎えています。確率された方法論で説明しやすいなんちゃって変革では企業の存続すら危うい時代。

楠木教授は、習得するための方法が確立しているものを「スキル」、定型的な方法がないものを「センス」と定義し、センスとしてファイナンスを論じた「ファイナンス思考」が必要だとお話しています。

今ある資産が将来どれぐらいの価値を生むのか、という「ファイナンス思考」は、今時点では形もなく見えないものを考えるクリエイティブな発想が必要です。これは私自身が某コンサルティング会社でデジタル部門を立ち上げた時の発想とまったく同じ。経営コンサルティングという確率した方法論とプロセスに飽き飽きして非連続な発想を繰り出したかったのです。

「ファイナンス思考」は、センスが問われます。つまり人を選ぶ。これからの経営の新しい考え方として注目していきたいと思います。
本を買いました。
連休中に読むのが楽しみです。

広告→ブランディング、売り切り→ファンコミュニティ など短期成果を求めてグルグル回し続けるよりも、資産と投資を考えて持続する価値を生み出さないと存続と発展は難しいですよね。
経営学というのは、つまるところ「アニマルスピリット」や「センス」といった感性で伝える言葉でしか語れないのかなと。