新着Pick
310Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
国民に負担を強いて消費税を上げようとするのであれば、国会議員自らが身を切る改革を進めなければならないところ、これでは国民が納得しないのではないか。それともこの法案を通したから消費税を上げないとでも言うのだろうか。国会は自浄能力を発揮してほしい。
日本の人口は減ってます。
政府の財政は収支バランスが崩れていて、消費税増税を決めてます。
それでも国会議員は増やして、自分達の既得権は最優先で守ります。
国家の運営を任されている者として、恥ずかしくはないものか?
これはクソだな。
少し前に、議員定数を削減すると言われていた気がしますが、よく分かりません。
これはさすがに意味不明。時代と逆行しているし、どさくさに紛れているとしか言いようがない。

石破さんもこれを反対したら本物だけど、青木さんとの関係やら自分も選挙区の関係で当事者なので反対できないんだろう。
まったく理解できない改悪案。自党議員の職を守るため以外の理由が見当たらない定数増。こんなものがまかり通れば、自民党自体の支持率も下がるでしょう。衆院与党の自浄作用に期待します。
この時代逆行感。
国民が納得する議論をしていただきたい。
参議院はむしろ廃止して欲しいぐらいなのだが
議員定数が1増えることによる負担増を多めに見て1億円とすると、6名増えても国民一人あたり5円ぐらいです。議員の数を減らすことに財政的な意味は全くないです。

定数を増やすなんて自らの保身じゃないか、という意見は、自分自身が持つ被選挙権に気づいていないということでしょうか。まあ、さすがに自分が出てやろうという気持ちにならなくても、同じような境遇にある人材を国政に送り出す機会を失うということです。議席が減れば、資本力や知名度の高い人、特に現職が有利になって、国政の多様性は損なわれます。

まあ、そもそも論として参議院の廃止(衆議院とは全く異なる選出・運営の機構にすべき)という話を議論したら良いのではとか思ってるのですが、それはさておき...
理由がどうであれ、事実がどうであれ、国民からは理解されにくいでしょうね。