新着Pick
852Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
堀江さん、delyの社員のみなさんにはクラシルを引き続き素晴らしいサービスとして成長させていただき、IPOもぜひしていただければと思います。ヤフーとしてしっかり支援させていただきます。
これは決して大型M&AでEXITできてバンザイ!みたいなディールではないです。

完全子会社化ではなく、もともとヤフーグループでdely株式を保有しており、今回29.6%を約93億円で追加取得することで45.6%を保有することになります。議決権過半数未満ですが役員を過半数派遣するということで実質支配力基準により連結子会社となるようですね。
ちなみに、いつもお世話になってるユーザベースのアントレペディアによると直近ラウンド時価総額は約160億円とのこと。優先株ですが。
それが今回のM&Aでは約300億円になってますね。
今回ヤフーに売却した既存株主と売却しなかった株主がおり、delyに対する将来性への見解がわかれていたと思われ、なかなか面白いですね。gumiは売ってますがジャフコは売ってないです。

delyの堀江社長自身は引き続き20%以上株式を所有したままになるようですし、将来的なIPOも選択肢に残しているのでしょうね。ソフトバンクグループであれば孫会社上場だろうがひ孫会社上場だろうがなんでもこいでしょうw

M&A+IPOモデルは最近増えてきています。つまり、まず創業者は株式のマジョリティを売却した上で数十パーセントを持ち続け、大企業の傘下でIPOを目指す。これにより、一度大きなキャッシュインをした上でさらに成長を目指せるメリットがあります。
しかし、本件は堀江社長自身は一株も売却していないようですので、成長への絶対の自信を感じます。

それにしても記事書いたばっかなのに笑
https://ma-bank.jp/2165/
ビックリ!昨年末のDL数1000万、今年6月には1200万DL。まだ伸びているタイミングで子会社になるというのが興味深い。
下記がヤフーのリリース。議決権比率は15.9%→45.6%に増加、約93億円での取得。議決権比率と書いてあり、種類株とかある可能性もあるが、そうでなければ3割取得で100億円なので約300億円のバリュエーション。3月31日時点での堀江氏の持ち分は24.0%で、これまでに結構ダイリューションしていたのだなぁという印象。あと今後も堀江氏などの持ち分があることから、引き続き本サービスの運営にかかわるように思う(ヤフー自体の経営にかかわるのもそのうちあるのかもしれないが、今はそういうアキュハイアではないように見える)。
業績については顧客獲得のために一気にマーケコストをかけていたのだろう。2017年10月期の業績は、売上3億円に対して営業損失30億円。
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120180710479619.pdf

個人的にはクックパッドを穐田さんが今も率いていて、買収していたらどうなっただろうと思う…
(感覚でしかないので真意はわかりませんが)

この規模のサービスになって売上が3億円くらいということはプロダクトチームは凄く強いけど、広告チームの立ち上げが若干課題なのかな?
それをヤフーが請け負うと考えると納得がいく。

さらに新株でなく既存株主からのexitのようなので、ダイリューションせずに事業を爆発的に伸ばすチャンスを得たというところじゃないかな。
ぜひ頑張ってほしい。

追記 下記記事をぜひ合わせて読むと、どちらかというと広告よりYahooレシピとの連携がつよいのかな?
「変わらずIPO目指す」ヤフー子会社化のデリー:日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32874180R10C18A7000000/
エンジェルからシード、シリーズAと全てリードしてきたので、感慨深い。娘を嫁に出す気分だ…w これはエグジットではなく次なる大きな挑戦のための戦略。堀江は一株も売ってないし、会社としてはもちろんIPO狙い。俺も少ししか売ってないw

クックパッドとの決着、そしてその後にくるAmazonとの対決。ここからが本当の勝負!頑張れ〜!!
両者のステークホルダーにとって、前向きなディールではないでしょうか。

一見して、この90億円はヤフーによる事業買収に向けた投資というよりも、数代先を見越したSBGの人材採用費用なのかと思ってしまいましたが、さすがに穿ちすぎかしら?
Googleで「料理名(材料名) レシピ」で検索すると、多くの場合『Cookpad』の検索結果がトップに表示されます。

Yahoo!さんが対抗するために選んだ一手と思えば納得。

美味しくて人気があり、その上見やすい動画を検索の上位に表示するなら、delyさんを子会社化するのは分かる。

更に、料理の食材もYahoo!のEC関連で提供すれば・・・。ビジネスチャンス。

追記:
株は29.6%分の取得で93億なので、企業価値は314億。
売上が約3億、赤字が約30億で企業価値314憶は期待値の高さがありますね。
堀江さんは1株も売ってないですね。そこに起業家の志は感じられます。
ヤフーさんのニュースリリース
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120180710479619.pdf
によれば、約93億円での株の買い増しであり、
議決権比率が15.9%→45.6%に増加するとある。
3月31日時点での創業者である堀江さんの持ち分は24.0%で、この比率は変わらないとのことなので、他の株主からの買い増し。

堀江さんにとっては、持ち株比率を維持したままで、
強力なバックアップを得たということだろう。
イグジットではなく、これからが勝負。
おお!これは驚いた!

経営者としての覚悟も含めて、意思を感じる。

堀江さん、新しいチャレンジおめでとう!
dely社の株式をヤフー社が45.6%取得、取締役の過半数以上を派遣して子会社化するが、今後はIPOも目指す模様。

私の周りでも大手企業が50%以上の株式を取得して会社化した上で、大手企業のリソースを存分に活用して成長した上でIPOを目指すスタートアップが増えているように感じる。
ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
2.32 兆円

業績