新着Pick
268Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
あれから10年、
ようやく時代が追い付いて来ました。
お疲れ様でした。

引用
2月に当事者として関わるため、
60億~70億円を投じて出光株を取得した。
村上氏、通産省時代にエネルギーも一時期やっていたような記憶があったのだが、やはりそうだった(下記)。それがあってコネクションや文脈があって、村上氏は統合賛成ながら反対していた創業家に会えたのだろう。
https://toyokeizai.net/articles/-/228964

本件で村上氏に興味を持たれた方は、昨年出た著書の「生涯投資家」も是非読んでいただきたい。
村上氏の視点から見える逮捕前後の状況や、日本の投資やガバナンスにかかる景色が書かれている。
https://amzn.to/2L2sNnd

自分なりの所感は下記などで書いたが、本件は村上氏の「パブリック」な部分が出たものだと思っている。株主となっただけで対話できるわけではない。
また2月に出光株を買ったとのことだが、昨日テレビのインタビューで1週間で買ったと言っていた。誰かのお金を増やすために委託されるより、現在のご自身や家族のお金を、時には思いを持って運用できる状態の方が、こういった即断即決もできるし絶対的に良いとも思う。
https://newspicks.com/news/2359429
https://newspicks.com/news/2406520
本件統合の投資家/株主側の登場人物には、村上氏だけでなく、いわゆる「物言う株主」の香港オアシス・マネジメントもいました。

株主ガバナンスが働いたという意味で、日本の資本市場にとり画期的な出来事です
わずか1%の出資でこれほど大きな意思決定をさせたという意味では本当に素晴らしい動きでした。
それを機にことあるごとに「旧村上ファンド」的なレッテルでの報道は改めてほしいものです
方向性は同じだけどアプローチや見せ方を変えたという感じでしょうか。円熟さを感じます。

それにしても2000年代に世間をにぎやかせていたころの村上さんと同じ世代になりつつある。世の中に与えたインパクトを考えるとすごいなあ、とつくづく思う。
村上さんは、うつつを抜かすような趣味もないし贅沢もしない、日々ただただデータとにらめっこして、投資判断を繰り返す。投資に一途で、投資が村上さんの人生そのものなんですよね。
今回、村上さんの果たされた役割はとても大きかったようだ。それは、出光、昭和シェルの会見からも伝わってきた。
ーー
2月に当事者として関わるため、60億~70億円を投じて出光株を取得した。
「生涯投資家」は、他の方もコメントされている通りだが、文中に出てくる、震災ボランティアの際にひたすらハンバーグを焼いていたという下りを読んで、おなかが減って、近所のびっくりドンキーに行ったのは、僕ぐらいなのでしょうね。
いろいろと世間を騒がせた村上氏ですが、氏の著書「生涯投資家」を読む限り、投資に対する思いは一本槍でメディアに映る姿とはだいぶ違うなという印象です。
「経営統合に先立ち企業グループを形成して協働事業を強化・推進することを目的に「...趣意書」を締結し、....、経営統合に向けた各種プロセスを加速させるとともに云々」(7月10付両社連名プレスレリース)とあるが、待機期間を設ける独禁法10条8項等に反するのでは?

これから届出される諸外国の競争法上も違反しているおそれがあるのではないか。

両社のリーガルカウンセルの見解を聞きたい。
昭和シェル石油株式会社(しょうわシェルせきゆ)とは、2020年まで存在した日本の石油元売企業である。2016年12月18日まではオランダに本拠を置くロイヤル・ダッチ・シェル傘下のシェル・ペトロリアム (The Shell Petroleum Company Limited) が筆頭株主であった。 ウィキペディア

業績

出光興産株式会社(いでみつこうさん、英称:Idemitsu Kosan Co.,Ltd.)は、石油類の精製・販売などを行っている日本の企業である。創業者は出光佐三。通称は「IDEMITSU」または「出光」。 ウィキペディア
時価総額
6,687 億円

業績