新着Pick
63Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
若者の投票率の低下が進んでおり、今の20代が投票率のピークを迎える40年後、彼らの投票率は50%にも届かなくなってしまいます。
その時代に最も投票率の高い世代ですらそんな状況ですので、国民全体の投票率は30%台に落ち込むでしょう。
そうなれば、政治的利害が強い特定の団体の意向が国の政治に大きく反映される時代になりかねません。
それはすなわち、民主主義の危機です。
しかもこの危機は、ステルス的に進行していく。そうならないよう、皆さんと力を合わせて若者の政治参加を前に進めていきます。
悩ましい問題だと思うが、政治を「自分ごと」にして考えられる若者は、日本に見切りをつけ、海外の大学(大学院)に進学し、海外で職を得、「自分ごと」で考え、最も政治が良い国で過ごしている。

なので、現在も日本に残るそうでないセグメントに、政治を「自分ごと」で考えろというのは、なかなかハードルの高いリクエストのようにも思える。
おそらく多くの方が政治を「自分ごと化」するタイミングは、
①納税し始める時
②子供が生まれた時
だと思います。
この両方について、「若者」は当事者になりにくいこともあって、積極的、能動的に政治に当事者意識を持たないといけない。

だから、どうするかというと、教育を徐々に作っていく、若い意見が入る制度・素地を作っていく、政治へのアクセスを多角化する。
そうやって徐々に徐々に作るしかないのです。

ヨーロッパも若者の政治参画への危機意識が生まれて10年、20年かけてやっと作り上げてきた国が多い。

だから、鈴木先生を始め、超党派で若者議連を作ってくださっている先生方を応援したいのです。
ドラスティックな改革が必要ですよね。U30/女性政治家に定数設けるとか。
この連載について
PICK ONEでは、月曜日から木曜日まで、それぞれ「テクノロジー・サイエンス」「ビジネス」「政治・経済」「キャリア」と、日替わりで4つのテーマを扱い、各分野のプロピッカーらが未来へつながる視点で読み解きます。
株式会社ニューズピックスは、ソーシャル経済ニュース「NewsPicks」を提供する会社。2015年4月に、株式会社ユーザベースより分社化。 ウィキペディア