新着Pick
867Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
NewsPicksの独自記事です。最初にインタビューをした時、この新しい仮想通貨「HIDS」に挑むのは、曽祖父が日銀総裁だったと聞いて、思わず「ググって」しまいました。そして事実でした。さぞ厳格な家なのかと思いきや、本人は10代で海外に飛び出し、さまざまな失敗をしながらビジネスに挑戦をしてきた若い経営者です。

2017年に世界的にブームになったICOと新しいコインは、その多くが実際のプロダクトがほとんどないのに、「こんなものを作ります!」もしくは「こんなものができそうだ!」という計画書だけで巨額のお金を集めました。HIDSのインパクトは、彼らがすでに京都や金沢で85棟以上の古民家ホテルを経営して、「実業」を営んでいる点でしょう。

日銀という日本円の「心臓部」にいた曽祖父は、その子孫がブロックチェーンと仮想通貨によって、新しいお金と経済圏をつくろうとしていることを知ったら、さぞかし驚くことだと思います。お金のダイナミックな変化を感じさせる、NewsPicksのスクープ記事です。ご一読ください。
仮想通貨「HIDS」を軸にした、古民家ホテル経営×地域コミュニティ×観光メディアの展開。日銀総裁云々とはあまり関係なく、やろうとしていることはストレートに素晴らしい。

ブロックチェーン技術を使った地域経済の活性化という文脈でトークンエコノミーの話はよくされているし、ぼくも日本における地方創生の一手として、まずは特区とかで地域限定でICOとかを合法化して実証実験広げていけば良いと思っています。

最近知り合った建築家の友人がデザイン・経営する「職人に弟子入りできる宿」というコンセプトの"bed and craft"も、まさに職人のゲストハウス宿泊を軸にコミュニティとメディアを実験的に展開していますが、キーワードは体験。ぼくも実際に行ってみてめちゃくちゃよかったんですが、こういうサービスはワクワクしますね。
https://www.bedandcraft.com/
「仮想通貨であれば長期的にビジョンに賛同してくれる人たちと一緒にプロジェクトを成長させられる」。
正にトークンエコノミーの本質的価値だと思います。
また、HIDSはスポーツホスピタリティとの相性も良さそうだと感じました。
おもろー!安定した旅行用仮想通貨経済圏が成立したら、国境・為替を問わないわけで、海外旅行と国内旅行の格差は少なくなりそう。

(だけどこれは面白い「独占インタビュー」だとは思うけど、他社を出し抜く「特ダネ=スクープ」なのかどうか。。。って面白けりゃいいけど)
せっかく「ハイクオリティな宿」「地元の経済コミュニティ」「新しい観光メディア」という3つの柱で「国内だけで50兆円と言われながら、バラバラだった観光産業を、仮想通貨でつなげようとする挑戦」という明確なコンセプトのある事業紹介なのですから、日銀総裁を務めた方の血筋などという現在手がけているビジネスとは何ら関係ない事柄のほうをタイトルなどでクローズアップして取り上げられるのは少々もったいないように思いますね。
HIUトークン「HIE」はHIUの世界中にこれからどんどんできる、シェアオフィスと連携して行きます。
読んでいる限り、仮想通貨というより、特典付き前払いチケットのように思えた。もちろん、流通させるのか(市場で価値が大きく変動しうるようにするのか、安定させるようにするのか)とかによるとは思うが…

ちょっとどこらへんが「仮想通貨」なのかが分からなかったので、以下は特典付き前払いチケットのような性質と考えたときのコメント。
事業を営む上では資金は必要。その際に、特典を付けて先に払ってもらうというのは一つのやり方だとは思う。一種の負債性資金調達だが、あとはCFや資本とのバランスで債務者(=HIDSを買った人)にとってのリスクは、プロジェクトが破綻して使えなくなること。ちなみにこれは多くの事業者が発行しているポイントについても同様のこと。
仮想通貨を使ってますが、コンセプト的には「会員権」という感じですね。例えばゴルフの会員権も流通しますし価格が変動するので、ユーザーから見たときに「仮想通貨である」ことのメリットはそこまでない気はしますが、発行側としては会員権を作るより簡易にできる(と、想像する)という意味では、こういう仕組みは増えていきそうですね
ある意味アリで、ある意味でナシかな。
面白いのは確かなのですが。

仮想通貨を中心に進めるより、観光客を中心とした経済圏ならどこでもキャッシュレスにすることで経済圏内のユーザー体験の充実が先になるかなと。

運転資金を集めるためにICOでやると違った流れになるし、地元で仮想通貨は分からんというところは乗りづらくて、優先すべきキャッシュレス体験が進まない気がしまして。

資金を集めるなら単にクラウドファンディングの方がその志に賛同する人も集めやすいのではないかなー。

世界からまずは集めたいからと言われるかもしれないけど、必ずしもそうではない。
まずはユーザー体験からだと思います。
HIDSユーザー全員でHIDSの価値を上げていくために、あえてただのメンバーシップ制度にしなかったイメージ。単価もバラバラにして、HIDS経済圏をつくることに集中していくのかな。楽しみ。