新着Pick
2514Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
未だにライブドアの株式分割に関して誤解をしている人がいるのにうんざりする。当時分割直後旧株しか取引できず、旧株の株価は高騰し見た目の時価総額(ヤフーファンナンスとかに表示されてる額)は急騰したけど、例えば100分割ならたったの1%しか取引できないわけで、そんな「時価総額」を使って株式交換などできないのは明白。新株が流通したら株価も元に戻った。ただし、私がこの記事で指摘してる通り実質的には流動性こそが金融商品の価値の源泉であること、つまり売買単位が下がったことで流動性が上がりライブドア株の価値が上がったことは事実。そして、これはなんのズルもしてない、当時どの会社も平等にできた施策であった。たんに出し抜かれたことでSBIの北尾とかがブチ切れてたけど、たんに悔しかっただけ。その証拠に直後強引にアポとってうちの会社にきて「君は天才だ」って言ってたからね。本質的な価値の裏付けなどが必要なのはその通貨の立ち上げの時期だけ。かつて金本位制だったドルも、採掘コストがかかる金そのものも、そしてPoWで電力を労働の対価とみるビットコインも。イーサリアムはその証拠にPoWから電力を必要としないPoSに移行しつつある。ライブドア株だって最初はP/LとかBSに連動してたけど途中から乖離していったからね。
元外務省の佐藤優氏が先日「ライブドア時代のホリエモンの誤算は、国家が絶対に許さない『通貨発行権』に触れたからだ。ライブドア株の分割は、事実上のお金づくりと同じ行為だった」と話しているのを聞いて、とても納得してしまいました。細かく分割していったライブドア株とは、今風にいうとトークンだという訳です。

若いころからIT起業家として成功して、巨万の富をえるという経験をしたからこそ、堀江さんにはお金の本質がよく見えているのだと感じます。ビットコインの登場前から、最近のICOまで、堀江さんがウオッチしてきたお金の進化や変化についてインタビューで語ってもらいました。

そしてブロックチェーン技術などによって個人が「お金」をいじれるようになったこと、そして信用創造ができるようになったことが、どれだけ大きな意味を持つのか、歴史を俯瞰すると非常によくわかります。
ライブドア株の投資単位を極限まで小さくして、トークン化を目指していたという発想は、流動性を踏まえた取引媒体の基礎ですね。
表層的な事象ではなく、本質を考えていないとなかなかこういう考え方はできないものです。
個人の信用/評価経済は今後どんどん広がっていくでしょうし、色々な経済を個人が「選べる」時代になっていくと思っています。一方で、金融リテラシーと同様、個人もお金リテラシー(のようなもの)をあげていかないと、実体のない投機に足をすくわれてしまう危険を感じます。

たとえば円は日本政府、株式は議決権、などが信用を担保する元になっていますが、VALUはその個人の「評判」というかなりふんわりしたものしかなく、危うい印象を持っています。一方で、メタップスのtimebankは、個人の「時間」を信用担保の源泉にしているという意味で、VALUと似て非なるものだと思います。

堀江さんが指摘する中でも本質的だと思うのは、『今起きていることは、お金が価値を媒介する唯一の手段であったという「独占」が終わりつつあるということです。だから新しい方法で、価値を交換したり、保存できるようになっている』ということ。

リスクはあるものの、個人の信用がそのまま(お金を介さずに)価値に交換したり保存できたりするようになっていくとしたら、お金=現金/預金以外の無形固定資産(のれん)のようなものがますます重要になってくる。今後、個人のB/Sみたいな概念が広がっていくのかもしれませんね
本の宣伝だとわかっていても面白い。そして相変わらずの活動力もすごい。

そして、結局本買ってしまうんだろうな(笑)
資本主義の世界にはr>gの法則があって、経済成長率が資本収益率を超えることはない、と言われているけど、果たして価値主義においてはどうなんだろうか。

堀江さん然り、価値主義における強者は、結局資本主義における強者がほとんどで、"「ゼロ円」だって暮らせる"のはごくごく一部に限られているように思える。

まだまだ自分自身の理解が浅いので、もっときちんと勉強せねば。
「ライブドア株の分割などが、本質的には新しい「お金」を作っていることに当てはまるために、当局者が激怒したのは事実です。」と自ら告白しているように、そんな時代から今の時代の流れを読んでいたのはさすがとしか言いようがありません。

先見性があるということはまさにこういうことなのでしょうね。先見性がありすぎたから受難したとも言えるのですが。
「お金が価値を媒介する唯一の手段であったという「独占」が終わりつつある」
お金があればあるほど幸せではないし、お金がなくても信用信頼があれば成り立つことに気がついたのがここ数年です。収入が〇円でも生活できるって言葉は過激な言葉のように思うけども本質を突いていると思います。
【経済】ホリエモンの発想は「将来価値が高まるものを見つけてきて、それを応援し続ける」ということであって、「投資」の基本中の基本を実践し続けているということなんだよね。配当金と株主優待をうまく利用して生きている点では、実は桐谷広人さんに似てるのかも。
2014年に堀江さんとmtgしたとき、仮想通貨でのFXの話を熱烈に話されてたのを覚えてる。正直俺はその時よく理解できてなかったけど、今となってはFXというエンタメとビットコインというdecentralisedの通貨を組み合わせた新たなコミュニティの集合体ということでさすがだと感じているなう。