新着Pick
211Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
農業の自動化が一般的になると、今までの情熱系農業よりも農業投資の傾向が強くなりそうです。
もちろん投資もパッションですが
うちの実家は昔は水田の兼業農家、親が定年を迎えてからは専業農家になったけど、子供のころは乗用田植え機はなくて、2条か4条植えの手押しの田植え機で結構土まみれになって、田植えシーズンは何日にも渡っていた記憶があるんだけど、中学~高校のころには6条とか8条植えの乗用が普通になっていて、ほとんど汚れなくなった。

さらに今では高速化も進み、同じクタール数なら数時間で終わってしまうので、今では自分の家の他に10倍以上の作付け面積を受託している。

乗用田植え機は自分も運転したことあるけど、最初の1列がまっすぐに決まれば、あとは、ガイドポールを条のラインにあわせてやるだけだから、子供でも難しくない。テクノロジー的に考えても比較的簡単な画像処理で無人運転もできそうに思う。

さらに人を乗せなければ、その分苗床を沢山乗せられるようになるから、苗床のマネジメント機構をうまく設計すれば、田んぼ1枚分くらいなら、途中の補充もいらなくなって、さらに時間短縮できるうえ、ほとんど汚れなくなるだろう。

うちの父親は農業機械器具メーカーのエンジニア兼セールスをやっていたから、僕が高校のころには既に、水温・水量など管理にセンサーを使うとかは当たり前にやっていたし、ラジコンヘリで施肥をできないか?と考えて実際に自分の田んぼで飛ばしていたくらい、割と農業に関しては先進的なことを考えていたのだけど、インターネットにはめっぽう弱いのが残念。

両親ももうそろそろ70になっちゃうし、僕が貢献できることと言えば、センサーの収集を自動的に行うネットワークとか、映像による可視化とか、ドローン制御とかを駆使してもっと楽に水田農家を続けられる生産技術を構築してあげることなんだろうな。
「アグリテック」分野が熱いです。農業分野において、ドローンによるリモートセンシングや、農耕機の自動運転、田畑やハウス内、牛舎内の詳細情報をリアルタイムで測定・インターネット送信するIoT機器、さらにはそのデータ解析や育成管理ソフトウェア、それに連動した水やりなどメンテナンスシステムに、自動収穫ロボットなど、多岐にわたって農業を支えるアグリテックスタートアップが増えています。私の4大投資テーマの1つにもなっており、なるべく農家さんにも行くようにしてます。その中で、農機の自動運転化は重要なテーマで、Drone Fund投資先の1社に「農業情報設計社 http://agri-info-design.com 」という会社があり、スマホのアプリと、高性能GNSS位置測位モジュール、さらにハンドルの自動操舵アドオンシステムを開発しており、農家さんが昔から使ってる普通のトラクターやコンバイン🚜に、後付けで自動運転化できる安くて未来な商品開発をしています。特に広大な面積をまっすぐ走らせるのは、現場では大半難しく、1cm単位の高精度立体位置測位をしながら、正確に農作業をすることは、まさにテクノロジーと人間のコラボになるかと。ちなみに、この記事で「RKT-GPS」と書いてあるのは誤植で、正確には「RTK-GPS(リアルタイム・キネマティックGPS)」のことですね。基準点と衛星測位の差分をリアルタイム補正することで、1cmクラスの誤差で空間測位を可能とする技術で、すでに広く活用されています。
自動運転の応用例です.公道を走る自動運転車より,実現の敷居はだいぶ低そうです.6次産業化の好例ですね.
ちなみに,トラクタは凹凸がある地面上を走るので,真っ直ぐ走らせるのが,現状のGPSの測位精度では難しい.そこで,基地局を置くか,ジャイロセンサ,加速度センサ,地磁気センサを組み合わせたIMU(慣性計測ユニット)から得られる情報とGPSを融合して位置と姿勢の推定精度を上げています.準天頂衛星「みちびき」が整備されれば,基地局無しで数cmの精度が出せるようになります.
農機の自動走行が実現したとしても、農協という全近代的な仕組みが抜本的に変わらない限り、日本の農業のこれからは本当に厳しいものになるでしょう。

個人的にはカロリーベースの自給率の低さは特段問題ではないと思っていますが、自給率の低さを嘆くのであれば、農協の仕組み自体を壊す、変えるという必要性をもっと伝えた方がいいと思います。
複合作業が出来ないこと。
これにつきます。しっかり精査して、結果を出しているところに投資をしてほしい。
これ絶対いける!むしろ自動車より全然導入早くできるよ
公道を走る自動車よりはるかに容易だろう。また、農業の省力化にもぴったり。期待したい。
これら、おいくらになるのだろう… 素人意見ですが、農業がもっと儲かる構造になって、投資余力が作りやすくなるようにすることが先に感じられました…