新着Pick
137Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
面白い考察ですね!ビジネス面ではなく、デザイン面でZOZO Suitsスーツを読み解く、と。

記事内にもあるように、写真を見るとウエストを絞り過ぎというか、ボタンの左右に不自然なシワがある人も多いですね。この辺りがIT系特有の「走りながら直す」感覚なのかもしれませんね。リアルな物が流れると、それなりにコスト高いというか、リスクもあるような気もしますが。

本格派のオーダースーツとではなく、量販系のスーツとの比較も見てみたいですね。
採用情報の視点もあわせて面白い。私も「変なしわ寄ってるな」と思っていました。
男性用スーツは着たことがないが、海外の映画とかにでてくるピシッと決まった人のはしわがなく、見た目だけで着心地よさそうに見えるので。
既成品の既存の縫製工場でも、Tシャツとスーツに必要な縫製技術は大きく違う。まだ人力も必要な進化の過程なんでしょうね。
Nakazatoさん、有難うございます!
プロの方からの視点の記事で、また言葉の解説や何が行程のなかでキーなのかも書かれていて、とても勉強になる。

記事を見ていても、スーツはTシャツやシャツ以上に難しいものだと感じる。
ビジネス的には、難しいものを創れれば極めて高い付加価値になる。一方で難しいのは個別性が高い(だからニーズもある)からで、サイズが合わなかったときの返品をどうするのか(カスタマイズされているゆえに返品されても廃棄につながりやすい)とか、返品を受け付けないとすればZOZOへのブランドロイヤリティが下がるリスクもある。

あと、前からコメントしていることだが、「サイズがピッタリな服」と「自分の感覚としてピッタリな服」は違う。そこの補正は、スーツの採寸に加えて、何があうかという感覚が含まれる。着た感じもあるし、見た目もある。購買の意思決定はそこの両軸で、あくまでもその基礎となるデータ、これだけで完璧なデータではない。
まずはちゃんと計測できること、そしてさらにそのサイズを元に個々人が「ぴったりちょうどいい」と感じられるように進化できるか(そして期待があるうちにそれができるか)がひたすらキーだと感じる。
ZOZOのイノベーションに関して冷静に考察された良記事。
最終的に選ぶのは業界人ではなくて顧客。
ZOZOスーツはキャズムを超えて、一般層に受け入れられるかが鍵になると思います。
株式会社スタートトゥデイは、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
6,245 億円

業績