新着Pick

エーザイが急伸、アルツハイマー病の臨床試験で「画期的な結果」

www.zaikei.co.jp
■脳内アミロイドベータの蓄積の減少を証明したと発表 エーザイ<4523>(東1)は6日、大きく上値を追い、取引開始後に12%高の8630円(924円高)をつけて2015年以来の高値に進んだ。
304Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アルツハイマー病の原因がアミロイドβによるものなのかリン酸化タウによるものなのかはまだ分かっていません。

はっきりと分かっていることは、アルツハイマー病ではこれらが異常に沈着している、という点です。

ただ、これまでの薬剤ではアミロイドβを増やさない、というところまではできていたのですが、今回はアミロイドβを減らすという点でとても画期的です。

今後は臨床試験が行われ、実際にアルツハイマー病が「治る」のか期待していところです。
エーザイ、最近の勢いがスゴイ!
本件はアルツハイマーだが、先日はMerckとの抗がん剤分野での提携もあった。アルツハイマーについてもBiogenと進めてきたとのことで、協業についても興味深い。
https://newspicks.com/news/2872873
ベータアミロイドを減らせたのは初めてじゃないか。今までは増殖を抑制するので精一杯で、すでに蓄積し始めているのを減らすことは出来なかったんで。ベータアミロイドがアルツハイマーの根本原因なのか解明する手掛かりになるといいのですが。
この報道を受けて、エーザイは年初来高値を更新し、11時を過ぎた現在17%超上昇、9,080円となっています。

若年性のアルツハイマーの治療が薬で効果的にできるとなれば非常に画期的ですね。
どのようにしてアミロイドβを減らしたのか記載が…

過去の記事ではアミロイドβを合成する酵素を阻害する薬剤と、アミロイドβに対する抗体が発表されています。
https://www.eisai.co.jp/news/news201712.html

さらに、この記事では認知症そのものが改善したのかどうかの記載も…

ツッコミ所は満載ですが、認知症薬関係では悲しい記事が多い中、微かな光明かも。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52749
アルツハイマー病の治療の効果として証明されるべき重要なことは、患者さんにとっては認知機能や生活の質を改善する、介護者にとっては介護必要度が低下する、医療者にとってはさらに例えば認知症による死亡率が低下する、などが挙げられます。また同時に、安全性の証明も必要となります。これらが実証されるまでは、現場レベルで「画期的な結果」とは残念ながら言えません。しかし、サイエンスの世界では、上記のようなことを証明するための研究を妥当化する、開始を促進するに値する結果と言えるかもしれません。
おおー、これは期待だねー
今日のビッグニュースでしたね。昨年12月の12ヶ月の解析結果は今ひとつだったのですが、
https://www.eisai.co.jp/news/news201773.html
18ヶ月の解析ではADの進行を有意に抑制し、また脳内アミロイド蓄積量の減少が確認できたというフェーズ2の結果となりました。
https://www.eisai.co.jp/news/2018/news201858.html

素人考えですが、「早期ADに抗体、しかも最高用量投与群(10㎎/㎏バイウィークリー投与)」というところが気になります。”ある程度症状が進行したところでガツンと投与すると症状の進展が遅れるどころか多少なりとも改善する”というアプローチの方がわかりやすい気がしますので、ゆっくり考えたいと思います。
認知症薬に期待!ということですが、アミロイドβがアルツハイマー病の原因であるというのは確かまだ仮説であると思うので、現時点ではまだ?な領域でしょうか。もちろん、アルツハイマー病の解決の糸口となることは全人類が期待しているわけで、今後も益々研究開発を頑張って頂きたいですね!
エーザイといわれると
ハラマスコイしか思い浮かばない
エーザイ株式会社(Eisai Co., Ltd.)は、東京都文京区小石川に本社を置く日本の医薬品メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
2.60 兆円

業績