新着Pick
300Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ポイントは、席への案内や注文の受付、席へのサーブなど「店員の移動」を徹底的にカットしていることと、店員のマルチタスクを排除していることですね。
移動時間は意外とバカにならないし、ちょっと前にもPickが集まっていたように店員がマルチタスクになるとプライオリティが曖昧になって待たされたお客さんが気分を悪くすることもあります。
オペレーションをスムーズにして人手も教育コストも減らせる、ロボットと人間の良いコラボレーション。
ロボットが運ぶ事に注目されますが、アリババが狙うのは飲食のビジネスモデルをがらっと変えることです。原価30%人件費30%のFL60%(国内)などはよく言われますが、人件費を一気に抑え、原価を大きくかけられるモデルへ。良いものをコスパ良く。既存飲食店はポジションがより大切になりますね。
未来感がすごいです。ほんとSFの世界に近づいているなあと感じますし、一回行ってみたいですが、私はロボットに気を取られて味わって食べることはできなそうです。
なんとなく一昔前のSF映画に出てきそうな雰囲気を醸しだていると思うのは僕だけでしょうか。
おもしろい、行ってみたい。

本質的に運ぶのをロボットがやる必要性がどこまであるかは微妙ですが、テクノロジーによって人がすべき接客とロボやUIで解決できることを分けていくのは今後進むでしょう。
人件費削減というより、エンタメだと思います。というか、アリババは単店あたりコストを重視していないフシがある。生鮮ECとセットで、アクティブユーザーを増やし、ライフタイムバリューを最大化する。そのための投資の一部と見ないと、数字が合わないはず。
行ってみたい
これ盒马上海南翔店だね
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア
時価総額
51.8 兆円

業績