新着Pick
259Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スタートアップのテーマとして、しばらく前にメディアでECを展開する「メディアコマース」が流行ったが、メディア(特に暇つぶし系メディア)からコマースにコンバージョンさせるのが、相当ハードルが高く、下火になった。

D2C(direct to consumerのメーカー)xそのメーカーのストーリーやブランドを伝えるメディアxバーティカルでの深い領域

というのはありだと思う。
メディアのマネタイズの方向性としては正しい
老舗という表現が気になって調べてみたら「創業から30年以上事業を行っている企業」というのが一つの定義なんですね。そうなると100年、200年続く企業には別の呼称を付けたくなります。老老舗(しにしにせ)とか。いまにも死にそうで縁起悪い気もするけど。
SAKETIMESは、心から日本酒を愛する若者たちが運営しているメディア。日本酒を世界へ。応援しています!
「伝える」プロのメディアが伝えるモノを持つことは合理的ですね。
楽しみ。
酒蔵ではなく、酒屋なのか。

ECサイトでの日本酒の販売は、免許上の制限(※)があり、課税移出数量の多い、いわゆる大手メーカーと共同開発した商品を販売するには、1989年5月以前に発行された「酒類小売業免許」が必要になる。
川勇商店はこの免許を持っており、Clearは今回の買収により、販売できる酒類などの制限がなくなる。
日本酒は歴史とストーリーを味わう飲み物でもあるので、メディアとの相性は抜群ですよね。
日本酒は世界的に需要は高まっていますし、今の時代にあったマーケティングができればもっと大きな市場を獲れるでしょう。

日本酒は読み物として歴史、開発ストーリー、文化等、成立するコンテンツですので、そこにあった商品を持つのはとても理にかなっていると思います。