新着Pick
397Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
あまりよくない噂もちらほら聞いていたmaneoがついに。ソーシャルレンディングの草分け的存在でもあるだけに残念。(寄付型や購入型だけでなく)貸付型や投資型の広義のクラウドファンディングがようやくここ最近広がってきた流れに完全に水をさす形ですが、内容としては仕方ないものですね。

企業倫理の問題はあるでしょうが、それ以前の仕組みとしてどうか。夏ころにマイクロファイナンスの世界的雄であるグラミン銀行が日本に進出するという噂もありますし、小口でのファイナンス、金融取引のマイクロ化という流れは必須。個人としても応援しているので、これを機に健全に市場が広がり業界が発展していくように、各プレーヤーでうまく連携していってほしいと思います

【以下、追記】
『クラウドファンディングとかもっと広い意味でのシェアリングエコノミーって、ある意味「元気玉」みたいなものだと思うんです』という話を、以前にシェアリングエコノミー協会×Fintech協会のパネルでさせていただいたことがあります(ドラゴンボールわからない人すみません。。)

善意で送ってくれた元気をいかしてめちゃくちゃ活躍する人がいるからこそ、さらに元気が送られていくわけで、そういう善意の輪がしっかりと期待にこたえる形で広がっていくようにしていきたいですね!
疑似機関銀行、利益相反、契約違反すべての視点で、わかりやすくアウトですね。
クラウドファンディングを含め新たなモデルは、規制上の欠陥や参加者の自己規律の欠如など様々な問題を浮上させながら成熟化していくものですので、本件はその過程と考えます。
金融型クラウドファンディング、とりわけ投資型に関して、私は将来性を大いに期待しています。

少額で分散して投資すれば、当たりが1割でも残りの9割をカバーして余りある可能性があるからです。

融資型クラウドファンディングには懐疑的でした。
将来性のある融資先を見つけるのに銀行が苦労しているのに、素人が簡単に見つけられるとは思わないからです。
貸出利息では、リターンを得ることは難しいですし。

今回は、投資型のスキャンダル。
もっとルールをしっかり整備しないと、危ないですね。

こういう分野こそ、金融庁の出番なのですが…。
【金融リテラシーなきFintech事業者淘汰のステージへ】

銀行・証券など既存の縦割り事業で構成された
金融システムが、プラットフォーマーと
モジュール化した機能別のfintech事業者を
中心とした生態系に置き換えられ、
新たな安定システムとして再構成される
流れは止まらない。

ただし、ガバナンスの弱いNPO出身の事業者や、
金融リテラシーとは無縁なスタートアップ企業が、
Fintech名の下で、わがもの顔で振る舞い、
金融システムの潜在的なリスク要因となり始めている。

顧客資産の分別管理や、顧客に対する虚偽の説明など、
最低限の金融リテラシーを持たない事業者は、
金融システムの安定性とその前提としての信頼性
維持の観点から躊躇なく淘汰すべき。

金融庁は、レギュレーターとして、その原点に
立ち戻って動き始めた。大いに歓迎したい。

実際、この数年、「金融庁は金融処分庁から育成庁に
なった」として、何をやっても良いと勘違いする事業者が
増えてきたように思う。
特に、Fintechの看板を掲げた事業者や、流行のバズワードとしてにわかにフィンテックを掲げ始めた事業者にその勘違いの傾向が強い。

Fintech分野はこれからも参入が続き、その規模・影響力も
格段に大きくなる。とすれば、ここ数年の実績程度の「老舗Fintech企業」が退場したとしても、システム全体の観点からは痛くもかゆくもない。

イノベーションの誘発とシステムの安定・規律の維持に向けた、金融庁の手腕に期待したい。
「ソーシャルレンディング」と呼ばれる事業者の草分け的存在の「maneoマーケット」に対し、行政処分を実施するように、証券取引等監視委員会が金融庁に勧告する方針を固めたとのこと。この件に関しては、先月毎日新聞が報じていた。
https://mainichi.jp/articles/20180621/k00/00e/040/302000c
ソーシャルレンディングのメリットである匿名性を悪用されてしまったという事案ですね。ソーシャルレンディング自体の仕組みそのものは社会的にも必要だし、メリットの多い仕組みでもあるので、これでソーシャルレンディングの価値まで下がってしまえばとても残念です。
日本の金利環境で10%以上の配当を謳う商品はすべからく詐欺だと思っていいかと。そんな美味しい話があるなら自分で金出すでしょう
クラウドファンドの第一人者だけに、業界単位で致命的。ビットフライヤー同様、「やっぱ大手じゃなきゃダメだ」もいう風潮になりつつあると感じてます。勿論、みずほ証券のようにシステム的なトラブルは大手でも起こりえますが、maneoの件は悪意がある
これはひどい、というか仕組みがまずいですね。お金の借り手が誰か、すら貸し手に明かされないなんて、、しかも配当10%(というか利息かと)が約束、て。
maneoが保証でもするんだろうか。

デタラメ過ぎて笑えますね。
「maneo」、集めた融資資金を流用 100億円規模か 投資家に虚偽説明、監視委処分勧告へ